派遣の実態 面接

【面談 質問と自己紹介テクニック】業務打ち合わせ、顔合わせ対策徹底紹介

更新日:

 

面接や面談は「どれだけ事前に質問に対する準備出来たか」ゲームです。

 

なので、そんなに緊張しなくても良いです。
いや、むしろ緊張しない方がいいです。

こんにちは。

キャプテン翔太です。

今回は、副業の話ではなく、派遣の面談や面接の話をご紹介致します。

面接っていうと緊張するものですよね。

でも私は全然緊張しません。

これまでの人生で面接で落ちたことがないからです。

 

私が思うに面接は、面接官からの質問に上手に答えられたら合格すると思います。

上手に答えるということは、相手に好印象を与えることになります。

そのテクニックを今回はご紹介致します。

 

○この記事を読む事で以下の事が理解出来ます。

・自己紹介の効率的な方法
・分かりやすい自己PRの仕方
・若い世代へ多い質問事項
・中堅世代へ多い質問事項
・未経験業界転職者に多い質問
・小規模な会社で多い質問集
・ブランクがある方へ多い質問
・転職が多いとこんな質問も
・採用の意思が高い質問集
・管理職が面接を行う時の質問

実際の現場ではもっと多くの事柄の質問が来るかもしれません。
ですが、ここに挙げた内容だけでも頭に入れておけば、どんな質問へも答えられるようになることでしょう。

ゆっくりこの記事を読み進めてみてください。

 

 






この記事の目次

 

自己紹介系の質問

面接での定番ですが、まずは【自己紹介系の質問】です。

簡単に、その質問内容を分析していきますので、是非確認してください。

 

簡単に自己紹介をして頂けますか?

簡単にという言葉が付く場合は、要求通り簡単に2.3分で終わらせましょう。

・目的があって前職についた理由
・退職理由
・これからのあなたのビジョン

を簡単に話せば、ひとまずは、簡単な自己紹介になります。

長く話すのはNGです。

面接では、面接官がどんどん質問してきてくれます。

すべてに長時間回答するのはやめて、メリハリを持たせた会話を意識してください。

「自己紹介」の画像検索結果

 

職務経歴の方も紹介してください。

職務経歴とは、これまでの職を通して得た資格やスキルを話す事です。

ですから、ここでは過去の業務で培ってきた資格やスキルをアピールしましょう。

「職務経歴」の画像検索結果

 

前職での退職理由を教えて頂けませんか?

やる気があって就業していいたのに、退職してしまうほど仕方がない理由を作りましょう

事実というのはどうでもよいのです。

あなたの心にしまっておきましょう。

これが面接で落ちないテクニックです。

「退職理由」の画像検索結果

 

この会社を志望した動機を教えてください。

【正直、請求単価が高いから】なんて口が裂けても言ってはなりません。

できれば、希望する会社が社会に対してどのような生産性があるのかをリサーチしましょう。

そして、「その生産性の一員になりたいと思った。」や「御社のこの部分に興味をもった」など。

もっともらしい理由を作りましょう。

「志望した動機」の画像検索結果

 

自己PR系の質問

自己PR系の質問は苦手な人が多いでしょう。

こうした答えがない分野こそ、私の得意とする質問でもあります。

私は「副業を多くの方に伝えていく」という使命以外に普段は何も考えていません。

しかし面接に行く時は、こうした質問事項を事前に想定して全部答えをなんとなく言えるようにしています

自分をアピールする練習にもなりますから、以下を読み進めてみてください。

「自己PR」の画像検索結果

 

あなたの長所と短所を自己分析してください。

これは自分で自分がよくかからないものですよね。

なので、前置きを言いましょう。

 

「長所については過去の就業先で、周囲から実際に言われていた事柄を踏まえてお答えさせて頂きますと、・・・・」

「短所については過去の就業先での失敗や上司からアドバイスなどを振り返ってお答えさせて頂きますと、・・・・」

 

このような前置きを置くことで、自分で自分を評価しているわけではないとアピールできます。

それにあなた自身も頭の中で思いつく作業が楽になるのではないでしょうか。

「長所と短所」の画像検索結果

 

キャリアプランがあれば教えてください。

仕事でどんな風にスキルアップしていきたいのか。

これを事前に決めておきましょう。

例えば、

「入社一年で〇〇の資格を取ります。
そして、二年目では現場を一人で見れるようスキルアップしたら〇〇の資格試験を受験出来ます。
最終的に資格と現場経験を積み、他社と前線で渡り合える優秀な技術者に10年でなるよう目指しています。」

こんな風に答えてもよいでしょう。

「キャリアプラン」の画像検索結果

 

過去業務への不満はありましたか?

不満というのは、結局悪いイメージです。

不満を言うのはよくないですが、質問された以上は上手に答えましょう。

決して不満をマイナスでとらえているように思われない事です。

不満をプラスにとらえています!というストーリーをつくってください。

例えば

「過去の業務では〇〇という実務において、チーム員に情報が即座に行かない現状あり、不満を感じていました。
しかし、環境を変えられるよう、上司に提案を繰り返す事で、ついには上司に私の提案が採用されました。
そして、抱いていた業務不満を解消する事が出来ました」

このような形で、不満をどう乗り切ったのかもアピールしましょう。

「業務への不満」の画像検索結果

 

企業側の採用メリットを教えてください。

あなたを採用することで、この会社にどんなメリットがあるの?という質問です。

随分上から目線の質問ですが、このような質問ばかり企業はしてきます。

この質問に対して2つの方向性で攻めましょう。

 

・私は〇〇ソフトが扱えますので、現状の業務環境に合わせた効率化提案が出来ます。
【業務内容改善パターン】

・只今勉強中ではありますが、〇〇資格を取得出来れば、新たな事業展開も視野に入れた事業拡大提案が可能です。
【出世払いパターン】

 

あなたを採用するメリットはなんですか?なんて質問は相手に失礼極まりないと個人的に思います。

人材をどう活かすかは、企業側が考える事であり、個々にゆだねてはなりません。

もしこのような質問を業界未経験の方にしてくる面接官が居たとしたら、本当に残念でなりませんね。

「自己PR」の画像検索結果

 

若い世代へ多い質問

面接官も人間ですから、相手の世代にわけて質問する内容を変えてきます。

ここでは、代表的な質問内容を記載しておきますので、事前に準備しておきましょう。

 

仕事とは何だと定義してますか?

まだ、社会にでて間もない世代に対してあえてする質問です。

急にこんな質問されても困ると思いますが、事前に回答を準備しておきましょう。

例えば

「仕事とは、生活に金銭的なゆとりを持たせ、人生に目標というやりがいを持たせ
自分自身を社会に証明するために、必要不可欠な事柄です」

と答えましょう。

ようするに、人間は仕事しないと生きていけないけど、いやいややるのではなく、自ら進んでやります。
その結果、気が付いたら私には多くの知識や経験という財産が残っているんだと今は信じています。

ということです。

「こんな深い事言える20代いないよ!」

そうですか。

では、ご自身の言葉で考えてみてくださいね。

答えはないのです、むしろ何かを答えた時点でOKという簡単な質問です。

「仕事」の画像検索結果

 

仕事で大切な事をあなたの言葉で教えてください。

仕事で一番大切な事なんて本当はありません。

全部大切です。

ですが、あなたの言葉で聞きたいのです。

するとあなたの人となりが理解できるからです。

例えば私なら

 

「仕事に一番必要なものは、あいさつです。
あいさつが出来れば、コミュニケーションが生まれます。
コミュニケーションが生まれれば、業務改善、設計検討などの意見交換がスムーズにいきます。
あいさつがある職場は、人間関係が悪くなる事が少ない統計があります。

つまりは、欠勤者も減らせ、残業も自ら希望する人材が増えます。
ですから、あいさつが仕事にとって一番大切な初歩的な業務だと思います」

 

こういった回答でよいでしょう。

「あいさつ」の画像検索結果

 

これまでに感銘を受けた出来事がありますか?

仕事について感銘を受けたことを質問してくる場合があります。

これは、仕事をどのような気持ちで取り組んできたのかを知りたいのだと思います。

私が例として回答するならば以下です。

 

「CADの講師をしていた時代の話です。
東京の品川駅近くのビルに、ご契約企業の設計者様が購入に1週間程度通われます。

私は、CADの講師ですから、テキストに沿って講習を進めながら
受講者様のレベルに合わせ、親身に対応していました。

講習期間の1週間を過ぎて操作の習得が困難な受講者様については、
個別に私の名刺を渡し後日電話やメールによるサポートに切り替えました。

私の業務が圧迫されない程度であれば、自己判断で対応してもよいと上司から許可をとったうえでの対応です。

この対応に受講者様は大変喜ばれ、この会社様において来期からの受講人数が激増したことがあります。

私は受講者様に覚えていただく所までを業務として考えていたので、こんなに喜ばれた事に大変感銘を受けました」

 

「名言」の画像検索結果

 

中堅世代へ多い質問

年代は30代40代の方への質問の仕方をまとめます。

この年代になると、実に幅広い業務経験をされている方が散見します。

「中堅世代」の画像検索結果

 

マネジメント経験があれば具体的に教えてください。

この質問をしてくる時点で、採用後も同じような業務をさせたいという意思の表れです。

ですから、経験があれば、より具体的に回答することにしましょう。

「マネジメント」の画像検索結果

 

部下への業務上の心がけはありますか?

昨今では部下へ教育しない上司、部下へ指示しない上司はコンプライアンス違反になります。

部下に興味がないという言い訳は通用しない世の中になってきたということですね。

ですので、部下を上手に教育して成果をだした経験を話してください。

「コンプライアンス違反」の画像検索結果

 

10年後の業界をあなたなりに予想してみてください。

あなたが、転職を希望している業界の展望を持論でもよいので語ってください。

しかし、明るい未来にして語ってください。

出来れば、業界自体の悪い部分を語り、そこについて今のうちからこうした取り組みが必要だ。

というような持論が望ましいです。

問題点を解決するような提案が混ざったような持論を回答するようにしましょう。

「10年後」の画像検索結果

 

パワハラについてどのように考えていますか?

もちろん、パワハラはよい事ではありません。

企業側からこのような質問をされた場合は、きっとパワハラについて敏感な企業なのでしょう。

パワハラだけではなく、モラハラやスメルハラスメントについても話してもよいでしょう。

「スメルハラスメント」の画像検索結果

 

未経験業界転職者に多い質問

未経験者を募集する企業はたまにいます。

本当はどんな企業も経験者が来てくれるのが一番よいです。

ですが、以下の理由で企業側は未経験者も募集することがあります。

・一から育てるからやる気がある人が欲しい。
・自社にしかない特殊な業務だから募集はいつも未経験になる

こんなところでしょうか。

これらを踏まえながら、以下を読み進めてみてください。

「未経験」の画像検索結果

 

入社後のあなたの課題はなんだと思いますか?

早く仕事を覚えて一人前になることです!と言いそうですが、それだけではありません。

未経験の職業についた場合は、右も左もわからないと思います。

ですから、多くの事柄を先輩や周囲の従業員から習わないといけません。

ですが、新人の方にも教えてもらうために必要な体制というのがあります。

例えば

「はい、私は通常業務を早く覚える事は通過点だと考えています。
入社後の当面の課題として、働きながら目標にあった資格を取る事です」

などという、自分の目標もいれて回答するようにしましょう。

「新人」の画像検索結果

 

他業種でもいいので成功体験を教えてください。

これは、どんなささいな事でもよいので、質問されたら話すようにしてください。

私の場合は

「元々板前で働いていた頃の話です。
アルバイトが全然シフトに入ってくれないだけではなく、代理の人材も社員が確保していました。
この現状をみて、私が作ったのは【ルール管理表】でした。

・遅刻の連絡方法
・シフトの提出期限
・最低何時間シフトに入らないといけない理由
・突発休暇の際の代理人手配

このようなルールを記載した印刷物をアルバイトの面接のときに説明して了承もらいます。
店舗にも張り出していつでも、従業員がどう振る舞えばよいかわかる環境をつくりました。

結果、これまで急に人がいなくて大変だという事もなくなりました。
それだけではなく、私が別の店舗に移動してもそのルールは継続されその店舗に新しい仕組みを作ることができたと考えております。」

「時計」の画像検索結果

 

失敗談があれば、それも教えてください。

失敗談を普通に語るのではありません。

失敗談を語って、そこで得た教訓もセットで語りましょう。

特に失敗談がないというのも非常に問題ですので、事前にこれも考えておいてください。

「失敗談」の画像検索結果

 

これまで厳しかった仕事体験はありますか?

どのように厳しかったのかは自分で設定しましょう。

例えば、厳しい上司がいた話とかは、ウケが良いと思います。

その厳しい上司と上手に業務を進めることが出来た話とかは、業種問わず好まれる状態です。

「厳しい上司」の画像検索結果

 

 

小規模な会社で多い質問

我々派遣は、大規模の会社にばかり派遣されるわけではありません。

ですから小規模の会社で質問されるようなことも事前に考えおきましょう。

 

残業と休日出勤はどの程度まで対応できますか?

残業祭りで、ブラック企業かどうかはわかりません。

逆に、最低限残業してくれないと派遣を雇わなくてもよいんじゃないか?と社内で思われる職場もあります。

ですので、残業に何時間ならば対応できるか答えましょう。

「残業」の画像検索結果

 

知名度ないうちの会社を選んだ理由は?

知名度なんて関係なく、この会社でなければならない理由を言いましょう。

特にない場合は、会社の製品やサービスを勉強して、それに感動したいいましょう。

「感動」の画像検索結果

 

会社のビジョンをあなたはどう思っていますか?

会社のビジョンを具体的に聞きましょう。

そして、その場で思ったことを答えてください。

多分正解はあなたが答えた後に教えてくれるでしょう。

臆せず回答するように努めましょう。

「会社のビジョン」の画像検索結果

 

部署を超えた就労がたまにありますがいいですか?

これはつまり、なんでも屋になってもらうねということです。

特定の業務だけではなく、いろんなことも視野にいれて働いてね?ということです。

これが厳しいのあれば、その程度まで業務内容が多岐にわたるかしっかり逆に質問しましょう。

「ショムニ」の画像検索結果

 

ブランクがある方へ多い質問

ブランクがあいて面接にうける方もいるかと思います。

こうした方へは以下のような質問が多くありますので、事前に用意しておきましょう。

「ブランク」の画像検索結果

 

ブランクの理由を教えてください。

これはありきたりですね。

一度その職業を離れた理由を教えてください。ということですので、正直に話しましょう。

その内容がマイナス評価になりそうであれば、作り話でよいので、プラスな話にしましょう。

「美談」の画像検索結果

 

ブランク間の日々どんな行動をしてましたか?

例えば、病気で闘病していたとか、目標があって夢を追っていたとか。

様々な理由があると思いますので、その説明をしましょう。

「小説家」の画像検索結果

 

アルバイト雇用だった理由はなんですか?

例えば、ブランク期間中にアルバイトをしていたのであれば、その理由を言いましょう。

面接官は、「アルバイト雇用自体に低評価」をしますので、きちんと回答しましょう。

例えば、

「当時の目標は、もっと別のところにあり、アルバイトという雇用形態にそこまでこだわっていませんでした。」

などど答えても良いかもしれませんね。

「小説家」の画像検索結果

 

入社後、身に着けたいスキルはありますか?

ブランクがある業界に再びつくわけですから、まずは昔の感覚を取り戻したい気持ちがわかります。

それ以外に、身に着けたいスキルをアピールしましょう。

そうする事で、「これまでのブランクを取り戻してさらに向上精神もあるんだな」と評価されます。

「向上精神」の画像検索結果

 

 

転職が多いとこんな質問

あまり転職を多く繰り返していると、面接官も不振に思います。

ですから、転職が多い方は、過去に転職してきた際に理由も準備しておきましょう。

「転職が多い」の画像検索結果

 

 

転職回数が多い理由を教えてください。

転職の回数が多いとダイレクトに質問されますので、順番に説明していきましょう。

その際に、非常識な退職理由は書かないようにしましょう。

そうしないと、また同じ理由で辞められても困るからです。

「職理由」の画像検索結果

 

面白くない仕事をこなすにはどうしたらいいと思いますか?

これは、仕事が面白くないから転職を繰り返すんだと面接官が思っている場合に質問してきます。

ですから、あなたなりに面白くない仕事でも上手に、こなす方法を回答しましよう。

例えば私の場合は、

 

「私は基本的に仕事においては、面白くない仕事はないと思っています。
流れ作業やデータを入力するだけの仕事でも、必ず効率化の検討必要になるからです。

常に業務においての改善点を見つけるように意識しながら働きたいと思います」

 

こんな風に回答しておけば、無難でしょう。

「つまらない仕事」の画像検索結果

 

 

採用の意思が高い質問

私はいつもこのパターンなのですが、面接官が採用を決めてくれる時に見られる質問の特徴です。

このような質問をされた場合は、採用の意思が高い状態ですので、クロージングに入りましょう。

「クロージング」の画像検索結果

 

熱中してる趣味はありますか?

熱中している趣味があると、それに集中して休みをとったりします。

ですから、熱中している趣味がない人材の方は採用率は高いです。

本当は、熱中している趣味があっても人並程度に趣味があると回答しましょう。

「趣味」の画像検索結果

 

いつから入社出来ますか?

これはもう働いてほしいという意思表示ですね。

ですので、就業が可能な時期をすぐに提示しましょう。

「入社」の画像検索結果

 

内定だしたらご入社してもらえますか?

これも、企業側としてはあなたをうけれますので、今他社でも面談してるなら内に来てくれますか?

と言っているようなものです。

これも好機ですので、すぐにでも「はい、もちろんです」と答えましょう。

関連画像

 

管理職が面接を行う時の質問

あとは、面接官が人事の平社員ではなく、管理職の場合があります。

これは、大きなプロジェクトを始める前などにありがちな人事体制ですね。

より専門性の高い人材を面接する時は、企業側も管理職を導入して面接を行う事が多いです。

「管理職」の画像検索結果

 

5年後どのような仕事したいですか?

大きなプロジェクトを始めるわけですから、中長期での計画が必要です。

あなたのが普段仕事についての中長期での計画性を問われているわけです。

具体的に人生設計の中で、中長期の計画をこれを機に考えてみてはいかがでしょうか。

関連画像

 

事業全体でどうして行きたいですか?

採用されたらば、事業全体をコントロールするようなポジションにつきますよ?

と言っているようなものですね。

そうではなくても、そのような方の補佐につくとか、部署に配属するとかでしょう。

ですから、方向性の問題ですので、ご自身の持論をきちんと回答するのが望ましいです。

関連画像

 

どんな時やりがいを感じますか?

大きなプロジェクトの話をしている場合は、仕事を遠くから俯瞰してやりがいを見出してください。

PCの設定を変更したら再起動時間が短縮された。などの小さな事は言わないようにしてください。

仕事のやりがいを大きな物事から感じ取ってください。

例えば

 

「移動体通信業界には3Gの時代から携わってきました。
現在では4Gですが、あと数年で5Gになる動きが濃厚です。

こうした時代の移り変わりにおいて、多くの人に影響を与える業界に所属出来ている時点で。
私は仕事のやりがいを感じています。」

「やりがい」の画像検索結果

 

最後に何か伝えたいことがありますか?

これが一番重要な質問です。

なぜかというと、面接官としては、聞きたい事はすべて聞いた後にこの質問をするからです。

このタイミングで、結構重要な質問をいくつかすることで、面接官は「この人、手広く思考できる人だな」と評価されます。

例えばこんな逆質問してはいかがでしょうか?

・幅広く知識を得るために他部署の方々との交流が持てる場はありますか?
・業務範囲に明確な線引きがないとの事ですが、私の〇〇のような資格も活用出来そうでしょうか?
・関連業務の幅を広げ、書庫・届出などの管理体制の見直しなど幅広い提案をしてもよいでしょうか?

このように面接でどのような話をしたのかによりますが、逆質問を最後にする行為はとても有効です。

「逆質問」の画像検索結果

 

これまであった特殊すぎる質問

ごくまれに、非常に珍しい質問をしてくる面接官もいます。

ここでは、私の体験談を記載しますので、参考にしてみてください。

 

生きた数字と死んだ数字についてどう思いますか?

こんな風な質問を突然にされてしまいました。

私は、少しの間考えて以下のように回答しました。

 

「どのような状況での話なのかは、わかりませんので的を得ているかわかりませんが、このように考えます。
生きた数字とは、運営ルールが定着化し、毎日更新がかかっている管理表内の数値です。
死んだ数字とは、個人のPCの中でしか活用されない非共有な管理表の数字です。

やはり、会社で扱うべき数字や情報は、個人のPCにため込むのではなく、
チームに共有してこそ効率化は向上すると考えます。

また、個人だけで業務情報を独占するという行為は、会社情報の横領と等しいのでないかと考えています。
ですから、私は業務で得た情報は常に共有化するよう意識しております。」

 

こんな風に回答し、面接官に「即日就業してくれ」と言われました。

「特殊 面接」の画像検索結果

 

まとめ 質問は実はそんなにないが、特殊質問は事故。

ここまでご紹介した質問事項を前もって考えておくことで、ある程度面接に合格します。

しかし、特殊すぎる質問については、事故のようなものです。

このような質問は本来全然されません。

ですから、臆せずに堂々と面接に取り組んでください。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

それでは、次回の記事もお楽しみに。

-派遣の実態, 面接
-, , , , , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.