スキルアップ 派遣の実態 派遣マインド

【電子・機械系エンジニアのやりがい】職人必見!あなたの時給は高単価だった

投稿日:

 

実は自分の請求単価知らない人が沢山います。あなたは自分の請求単価ご存知ですか?

こんにちは。

キャプテン翔太です。

私が通っている就業先での、他の派遣さんの中でも、ご自身の請求単価を知らない方が結構います。

 

会社から他言しないように言われているのではなくて、そもそも知らない人がいます。

こんな不況の世の中ですから、同じスキルを発揮して給与を得るからには工夫が必要です。

 

少しでも給与が高い派遣会社を見つけるという工夫です。

○この記事を読む事で以下の事が理解出来ます。

 ・マージン率が19%の派遣会社の年収比較
・とある派遣会社の最高請求単価
・早く転職しないと手遅れになる理由

これらの事を知ることで、あなたは真剣にご自分の働き方と向き合う必要があることが理解できます。

 

それは、正しく働き正しく生きる事の基盤となる考え方です。

どうぞ、ゆっくりと読み進めてみてください。

 






 

 

マージン率が19%の派遣会社の年収比較

派遣業界はピンハネ屋といわれるほど、中抜き額が多くて有名です。

 

しかし、そんな派遣業界でもマージン率が低い派遣会社は実在します。

そして、そうした派遣会社で働くエンジニアの平均年収をご紹介致します。

 

 

機械設計

年収913万円

機械設計(自動車関連)職
48歳/経験21年
・請求単価:4,000円/時
・時間外平均:42h
・社員区分:プロ契制

大手自動車メーカーの自動車や、自動車の製造に必要な生産設備の設計などが業務内容です。

 

 

生産技術

年収887万円

生産技術(自動車関連)職
38歳/経験11年
・請求単価:4,050円/時
・時間外平均:38h
・社員区分:時間給制

生産技術とは、製造業界において製品や部品の効率的な量産体制を築くことが仕事となります。

 

 

局地設計

年収728万円

局地設計(移動体通信)職
28歳/経験7年
・請求単価:月極62万
・時間外平均:32h
・社員区分:プロ契制

<置局折衝や基地局工事の進捗管理・施工管理、現場代理人などの経験が活かせる!> 無線基地局の局担当業務です。

 

 

評価実験

年収584万円

評価実験(バイク関連)職
25歳/経験3年
・請求単価:3,500円/時
・時間外平均:32h
・社員区分:時間給制

「実験評価」とは、新たに開発した機構やシステムが、目的とした機能・性能を十分発揮できているかどうかを検証。
不具合があれば原因を分析・フィードバックするという仕事です。

 

 

ITプロジェクトマネージャー職

年収1030万円

ITプロジェクトマネージャー職
43歳/経験10年
・請求単価:100万円/月極
・時間外平均:25h~40h
・社員区分:プロ契約

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の進行を管理します。
予算や品質、納期、成果物のクオリティに対して全責任を持つ役職です。

 

 

WEBエンジニア

年収648万円

WEBエンジニア
28歳/経験4年
・請求単価:3800円/時
・時間外平均:25h~45h
・社員区分:時間給制

Webサイトのアプリケーションの開発や、Webサイトの設計・構築・運営・保守・管理を行うエンジニアのことです。

 

あなたもこのくらいの請求単価です。

請求単価は、企業が派遣会社に支払う金額ですので、どこの派遣会社にいても大体同じです。

 

しかし、あなたへ支払われる金額に差がでるのが、派遣会社のマージン率です。

 

業界TOPクラスのマージン率を誇る派遣会社へ転職しましょう。

以下の記事で、優良派遣会社の情報を記載しましたので、是非読み進めてみてください。

【派遣会社のマージン率暴露】正社員の年収実態!賢いエンジニアは既に転職していた

とある派遣会社の最高請求単価

派遣会社にはたくさんのエンジニアが在籍しています。

 

40年企業で職人として正社員で勤めあげて、60歳で退職金をもらって派遣に転職した方がいます。

65歳まで時給9000円で頑張る!と言っていた方を知っています。

 

 

請求単価9000円のモンスター

はたしてどのような資格を持っていたのが不明ですが、とにかく凄くはぶりの良い方でした。

 

正社員でもらった退職金もあるし、時給は1000円から9000円に跳ね上がるわけです。

 

派遣会社は19%しかマージン率を取りませんから、本にはかなりの給与を取得することが可能なのです。

 

 

ノー残業で144万円もらえる

その方は、ノー残業で144万円も請求単価で稼いでしまいます。

でも、いつも30時間程度は残業していたそうです。

「自宅に帰ってもやることないからなぁ」といってかなり稼いでいました。

 

 

早く転職しないと手遅れになる理由

みんながこのように時給9000円モンスターと同じというわけにはいきません。

 

しかし、間違いないのは、就業先を変えずに、派遣会社を変えるだけで給与はUPするということです。

これは、何人も派遣会社を転職した方を見てきた私から言える事実です。

 

行動を起こすか決めあぐねているあなた、早く決断しないと手遅れになってしまう事もあります。

 

 

年齢制限

余程の職務経験やスキルがないと高齢になっても就業先を紹介し続ける事は難しいでしょう。

 

ですから出来れば20代のうちにマージン率の低い派遣会社に転職することをお勧めします。

30代のエンジニアさんは今まさに転職するしか方法はありません。

 

 

家族の反対

ご本人がやる気になっても、ご家族に反対される場合があります。

その理由ナンバーワンは以下です。

 

【そんなおいしい話はない、しっかりした派遣会社じゃないから転職は許さない】

というご家族が一定数いらっしゃいます。

冷静に考えてください。

 

私は派遣会社10年目です。

今でもたくさんのエンジニア様が働いている派遣会社です。

これらの存在を否定する権利は誰にもないはずです。

ご自身の価値観で判断する事は非常に危険です。

副業でもなんでも自分で体験して判断するようにしましょう。

 

 

まとめ 給与を上げるには環境を変える事

給与を上げるためには、雇用主に評価されるしかありません。

私は、毎年就業先に交渉して時給を上げてもらっています。

100円づつですね。

 

マージン率が19%ですので、かなり効果的ですね。

人生を変えて給与を上げたいというバイタリティ溢れるエンジニア様を応援します。

いつでも問い合わせしてきてください。

ここまで読み進めて頂き、誠にありがとうございます。

-スキルアップ, 派遣の実態, 派遣マインド
-, , , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.