スキルアップ 派遣の実態

【転職希望が7割超え】年収に不満をもつ派遣エンジニアが知らない中抜き額の実態

投稿日:

 

あなたがどんなに実直に誠意を尽くしても、派遣会社はあなたの給与から50%も中抜きします。

 

こんにちは。

 

キャプテン翔太です。

最近色んな派遣さんとお話をさせて頂く機会が多くなっています。

それは、「マージン率が低く困っています。」とか「この会社に転職してよかった」などいろんな意見がありました。

 

そんな色んな方の、【派遣で働く】という人生に少しだけお邪魔させて頂いている私が感じた事を記事にします。

 

副業の勉強会には集まった方々の特徴をご紹介します。

 

○今回の記事では、以下のような派遣エンジニアさんのことを紹介します。

・就業先で評価され別の事業所の契約をとった
・就業先の言われるがまま、身を粉にして働いた
・派遣会社変えて、責任半分、残業半分、給与1.5倍になった

 

上記のような、実に様々な人生模様を知ることで、あなたは何を感じるのでしょうか。

判断するのは自由です。

行動するのも自由です。

それでは、どうぞ最後までゆっくり読み進めてみてください。

 






 

就業先で評価され別の事業所の契約をとった Aさん

Aさんはとても真面目で一生懸命働くエンジニアでした。

就業先でも一番に残業し、ほかの派遣が持っている特殊なスキルなどに率先して興味を抱く方でした。

彼は次から次に、業務スキルを磨き就業先から高い評価を受けました。

 

 

新規事業所で面接をして内定をもらった

そんな彼が、次のステップに進む為に別の就業先に転職するといい始めました。

 

すると、就業先の責任者は「君のような人材なら本社の別の設計部署に推薦状を出すよ」と言ってくれました。

 

ようするに、スカウトです。

Aさんは派遣会社の人間ですから、本社と派遣会社自体で新規派遣契約を結ぶ事になりました。

Aさんは派遣の営業担当に言われました。

 

「Aさん凄いです!Aさんのおかげでこんな大企業の新規契約をとれましたよ!
これってもの凄い事なんです!時給1900円で働いてください」

 

 

WEBの求人で自分より時給高い人が募集されていた

面接を終えてから数日後、Aさんは派遣の求人サイトをみました。

すると、Aさんの派遣会社の求人で、Aさんが新たに面接にいった職場の求人が出ていました。

時給はなんと2200円。

 

えっ?

なんで私より時給が300円も高いの?

 

そう思ったAさんは、営業に問い合わせました。

すると、営業はただ謝るだけでした。

そして、Aさんはこの派遣会社が信用出来なくなり、別の派遣会社に転職ました。

 

 

就業先の言われるがまま、身を粉にして働いた Bさん

ひと昔前の話ですが、Bさんは三六協定なんてどこ吹く風という就業先で働いていました。

 

そこでは、残業が100時間を超えるのは、当たり前。

 

ひどい人は毎日会社に泊まり込みで、200時間の残業の方もいるくらいです。

Bさんも例外ではなく、身を粉にして働いていました。

 

 

月固定の請求単価なのに残業110時間

Bさんが、どんなに働いても手取りは25万円。

これは、本当にかわいそうな話ですが実話です。

Bさんは若くて元気があるので、過労で倒れるような事はありませんでした。

「他の派遣さんも俺と同じ環境だからな」とBさんは勝手に思い込んでいました。

 

 

やる事なくても21時までば残業してと言われた

仕事は常に忙しいわけではなかったのです。

時には、早く帰れる日もたまにはありました。

Bさんは、今日はやることもちゃんと終わってるし早く帰宅しようと席をたった時、上司に信じられない一言を言われました。

 

「どこ行くの?残業なくても21時までいてよ。そういう契約なんだからさ」

Bさんは、座ってPCを再起動しました。

 

 

派遣会社変えて、責任半分、残業半分、給与1.5倍になった Cさん

過酷な体験をしていたのは、Cさんも例外ではありませんでした。

 

しかし、Cさんが他の派遣さんと違ったのは、業界ナンバーワンのマージン率が低い派遣会社に転職したことです。

 

そして、Cさんは人生において働くとはどういうことかを、身をもって感じ取る事が出来たのです。

 

 

残業はできない時代に突入したけど単価は高いから安心

最近では、三六協定がうるさくなってきていますので、派遣にそこまで残業がさせられません。

エンジニアの中には、残業をもっとして給料もらいたい!という方が沢山います。

 

ですから、この三六協定をうざったく感じるエンジニアさんも一定数おります。

Cさんも例外ではなく、もっと働いて給与が欲しいというエンジニアさんでした。

 

しかし、派遣会社を変える事で、そもそもの請求単価があがり、手取り額が一気に2倍になりました。

これまで働いていた派遣会社には未練もまったくないそうです。

 

 

給与も上がったからマイホーム購入した

給与が上がった事で、彼女とも、一年後に結婚し、マイホームも購入しました。

都市改造計画がある街に一戸建ての家を建てました。

 

新駅が近くにできたこともあり、5年後地価が3倍になってしまい売って別の家を建てようか迷ってるそうです。

 

 

副業も初めてより収入UPした

また、Cさんは人生計画に余念がありません。

派遣の拘束時間が減った事から、副業を始めました。

帰宅して、晩御飯食べて、風呂はいって、寝るという生活ではないのです。

寝る前の1時間だけもうひと踏ん張りして、副業をはじめました。

努力が実を結んでCさんは副業でも月に12万円稼ぐ事を達成することが出来たそうです。

 

 

まとめ 転職だけで満足しては爪が甘かった

いろんな環境のエンジニア様を紹介しましたが、やはりCさんの人生模様が一番魅力的ではないでしょうか?

私たちは、いつ何があるかわかりません。

 

今現在の職場で、平穏に生活できていても、天変地異が発生し、インフラから根こそぎフラットになったどうしましょうか。

すべてが一からのやり直しです。

 

そんな時にあなたを必ず助けるのが、WEB完結型の副業です。

キャプテン翔太の得意分野です。

 

以下の記事に魅力的な派遣会社の実態を記載しましたので、興味がある方は読み進めてみてください。

そして、転職した後に、キャプテン翔太の副業をやってください。

収入面で大幅に満足することをお約束します。

【派遣会社のマージン率暴露】正社員の年収実態!賢いエンジニアは既に転職していた

ここまで読み進めて頂き、誠にありがとうございます。

-スキルアップ, 派遣の実態
-, , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.