Qoo10 転売ノウハウ

Qoo10転売で重要なお買い物ガイドの記入を怠ると、店舗側の責任になってしまう

更新日:

 

絶対に犯してはならない失敗がありますそれはお買い物ガイドに何も書いていないことです

 

こんにちは。

キャプテン翔太です。

今日は EC サイトのお買い物ガイドについて紹介をさせていただきます。

これは EC サイトを経営する上では必ず必要になってくる注意事項ですので、確認をして欲しいところです。

これまで私は EC サイトで Amazon 転売を繰り広げてきました。

その転売生活の中で EC サイトのお買い物ガイドは店舗側を守る最高の盾となるのです。

 

○この記事を読む事で以下の事が理解出来ます。

・店舗の連絡先
・配送についての注意点
・返品キャンセルについての注意点
・クーリングオフについての注意点

上記の事を細かく説明させていただきます。

これらは、どれ一つとっても大切な注意点となります。

具体的に説明させていただきますのでゆっくり読み進めてみてください。

 






 

店舗の連絡先

まずは店舗の連絡先情報記載しましょう。

連絡先はお客様が購入する時に一番確認されるとこですので間違いなく記載するようにしましょう。

その中でも注意すべき事項を以下に説明させていただきます。

 

 

住所

住所については番地まで記載するようにしましょう。

Amazon 転売ビジネスをやっているビジネスクルーの皆様は、マンションで副業を実施される場合がほとんどです。

お買い物ガイドのページにマンション名まで書いてしまうとお客様も不安に思ってしまいます。

「ちゃんとサポートを受けてくれるのだろうか」
「ちゃんとした体制で商売を行っているのだろうか」

このような疑問をお客様が抱いてしまいますので住所については、番地までを記載しておきましょう。

 

 

メールアドレスや電話番号

Qoo10ストアについての注意事項を記載します.

メールアドレスについては記載するのは必須となっております。

しかしショップ専門の問い合わせページもありますので「そちらの方に問い合わせてください」という風に記載するようにしましょう。

 

そして電話番号については、050から始まる固定 IP 電話を記載することになります。

この電話番号は無料のアプリをスマートフォンにインストールすることで誰でも取得する事が可能な電話番号です。

 

大切なことは電話番号を記載したその後ろに付い書を書きましょう。

 

「ただいま電話によるお問い合わせが殺到しておりますのでメールによるお問い合わせをよろしくお願いいたします」

 

このように記載することで電話番号に出なくてもよいという価値観が発生します。

日中の本業が忙しくて電話番号の対応が取れない方はこのようなテクニックを使うことを強くお勧めいたします。

以下の記事にIP電話番号の取得の方法を記載していますので、よければ読み進めてみてください。

Qoo10の出店審査に一発で合格する具体的なやり方を公開します

 

 

配送についての注意点

配送についての注意点をいいます。

・配送は何日以内に発送するのか。
・入金が取れない場合は何日でキャンセルになるのか。
・送料はどのようになっているのか
・ どの配送業者で配送されるのか

このような情報をしっかりと記載することです。

Amazon 転売の場合は以下の配送業者が多いので以下を記載しておきましょう。

【ヤマト運輸】
【日本郵便】

「大和運輸」の画像検索結果

 

 

お届け指定日の設定

またお届け指定日に関しても無限に日付が設定できるわけではありません。

この日付に関しては Amazon で商品を仕入れる際にお届け指定日が可能な日数と合わせて EC サイトで掲載する必要があります。

おおよそ2日以降から10日以内までが一般的なお届けしているの範囲内です。

このことを頭に入れてお買い物ガイドに記載して行くようにしましょう。

 

 

必ずしも予定日に届くわけではない

また運送業者も100%お客様の住所へお届けできるとは限りません。

交通状況の関係や震災た天変地異が発生した際は必ずしも届けることができないという事を記載しておきましょう。

私はこれまで5年間転売ビジネスを繰り広げてきてますが配送業者の都合で届かないことがあった経験はほとんどありません。

0と言っても良いくらいです。

ですがこの注意書きは必ず記載するようにいたしましょう。

 

 

返品キャンセルについての注意点

返品キャンセルについての 注意点も必ず記載するようにいたしましょう。

 

ある程度のルールを店舗側で記載していなければ全ての商品に返品対応しなければいけないことになります

 

基本的には店舗のルールに従えるから購入する権利が発生する。

これがいいECサイトの法律上の解釈です。

店舗側からはお客様に対して押し売りをしたわけでもなく訪問販売をしたわけでもありません。

ですから返品やキャンセルについての注意点は基本的には店舗の意向に沿う形で契約が成立してしまうのです。

 

それを知らないで随分わがままなクレームを振ってくるお客様が非常に多くて困っております。

試着感覚でインターネットで注文してくるお客様だけは本当に困ったもんです。

私の場合は100%返金にはお受けいたしません。

そのような店舗側のポリシーが必ず必要になってきます。

 

 

配送時の故障

しかしごくまれに発生する配送時による故障。

これが本当にそうであれば返品に応じる必要があります。

インターネットで注文を受け店舗側としては発送をするまでが法律上の責務です。

 

ですからお客様の元に届いた後に発生したトラブルについては基本的に店舗側が答えなくても問題ありません。

大手の企業とは違うのですから個人で転売をやっている私たちとしてはそのようなルールを決めて取り組むようにいたしましょう。

 

 

お客様による間違った注文

また間違った注文による返品や返金の要請もあります。

これに答えてしまうとせっかくの薄利多売のビジネスが利益が出ないことになってしまいます。

ですから私もお客様による間違った注文の場合はキャンセルお答えできないという記載をお買い物ガイドにするようにしています。

お客様は基本的なお買い物ガイドをあまり見ない上で購入してくるのでそれを説明する必要があります。

スマートフォンサイトや PC サイトに忘れないで記載するようにいたしましょう。

 

 

クーリングオフについての注意点

時にはクーリングオフを適用すると言ってくる お客様も存在します。

ですが不安になる必要は一つもありません。

なぜならばインターネットではクーリングオフが適用されないからです。

 

 

インターネット通販ではクーリングオフは適用しない

インターネットでのお買い物については基本的には消費者側が購入を希望するものです。

 

店舗側が押し売りをするようなことではありません。

店舗側が訪問販売をするようなこともありません。

お客様が勝手に店舗の商品を気に入って注文をしてくるという流れです。

 

このことをしっかり頭に入れておきましょう。

 

 

店舗の親切心で一週間を設定

しかし全く受け付けないというのも問題だと私も思っていますので以下のようなルールを決めています。

※店舗側による不手際の配送や不良品が届いた場合は対応する。

そして対応する期間は一週間という風に定めています。

商品が届いてから一週間以内であれば不良品は返品を受け付けますとして返金も受け付けます。

 

 

まとめ お買い物ガイドはトラブルを未然に防ぐ必要不可欠な情報ページです

毎日のように来る問い合わせ。

毎週のように来るクレーム。

これらは全てお買い物ガイドに記載することで全て突破することが可能となります。

 

ですから今回記事にさせていただいたことはゆっくり読んで理解していただくことをお勧めいたします。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

-Qoo10, 転売ノウハウ
-, , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.