Amazon 転売ノウハウ

【Amazonポイントが2.5倍】年間に412,500ポイントが貯まる方法大公開-≪amazon商品のECサイト転売≫

更新日:

キャプテン翔太です。

ようやくamazon商品のECサイト転売シリーズ最後の記事となりました。

 

今回のテーマは「副産物」です。

ある産物の生産過程で、それに伴って得られる他の産物。比喩的に、一つの物事に伴って生まれるもの。

 

ビジネスの大海原に例えたら、たまたま発見した宝島という表現がよいでしょうかね。

 

副業ビジネスをやる目的は、金銭を得る事です。

しかし、本来の目的ではない、その他嬉しい副産物もあります。

 

これまでに紹介してきた「amazon商品のECサイト転売ビジネス」を熟読して頂く事で、あなたの力になる事を心の底から願っております。

そして、ご自身のものとしてくださいませ。

↓シリーズ記事

【amazon商品のECサイト転売】人任せな会社員でも毎月150万稼いだ3つのポイント

【外注の仕方を教えます!】効率良く稼ぐ為には外注を活用しましょう≪amazon商品のECサイト転売≫

【自動化の力】ECサイトの完全自動化法を公開します≪amazon商品のECサイト転売≫

 

それでは、今回は、Amazon転売にて得られる副産物 Amazonポイントの稼ぎ方をご紹介いたします。

入りきって参りましょう。

 






 

amazonポイントがたまらないけど、溜まる方法

通常ECサイトで商品を購入した際にもらえるポイント。

このポイントは、多くのECサイトでは購入時にもらえるものです。

 

しかしAmazonでは、殆どの商品にはポイントが付かないのです。

 

ポイントが付くのは、特定の商品だけなのです。

その仕組みを解説していきます。

 

amazonポイントとは

Amazonポイントについて

 

「Amazonポイントは、Amazon.co.jpでのお買い物に1ポイント=1円分として使えるポイントです。」

 

amazon商品を購入するときに利用できるポイントの事ですね。

 

全ての商品にこのポイントが付くわけではなく、「ポイント対象商品」だけ。

これだけは、ショッピングの際にポイントがつくようです。

 

ポイント対象商品とは

Amazonポイント対象商品について

ポイントの付与率は商品ごとに異なります。

Amazonポイントの対象商品については、商品詳細ページに、付与されるポイント数と付与率が表示されます。

 

ポイント対象商品はamazonが選定した商品に対してポイントがつきます。

商品を検索した後、ポイント対象商品チェックマークを押すことで、商品表示が可能となります。

 

amazonカードとの併用でポイント2倍?3倍?

Amazon Master card

Amazon Master cardにはクラシックカードとゴールドカードの2つの種類があり、ポイント還元率が違います。

詳しく紹介しましょう。

 

参照先のサイトの通り、ゴールドカードの場合は最大で2.5%もポイントが返還されます。

 

ちょっと試算してみましょう。

 

◆単発購入額 ※1つの商品を購入した時のポイントがどのくらい獲得できるか。
商品価格 = \2,500
ポイント対象商品 = 75P ※商品自体のポイント
amazonゴールドカード(2.5%) = 63P ※カード自体のポイント
合計ポイント = 138P

◆月間仕入れ購入額(250注文) ※月間に250回商品を仕入れた時のポイントがどのくらい獲得できるか。
商品価格 = \625,000
ポイント対象商品 = 18750P
amazonゴールドカード(2.5%) = 15625P
合計ポイント = 34375P

◆年間仕入れ購入額(3000注文) ※年間に発生した仕入れでどのくらいポイントが獲得できるか。
商品価格 = \7,500,000
ポイント対象商品 = 225000P
amazonゴールドカード(2.5%) = 187500P
合計ポイント = 412500P

 

このように、年間でamazon転売ビジネスでは、仕入れ用カードをAmazon Master card(ゴールド)でウハウハです。

ただし、もちろん仕入れの商品がすべてポイント対象商品とは限りませんので、実際はもっと少ないですけどね。

 

配送業者から交渉を持ちかけられる配送物量

私のようにこうした無在庫転売でECサイト経営を長年続けているといろんな事が起きます。

よくある話かもしれませんが、転売経験者には、あまり耳にしない話を一つ紹介します。

 

特別契約、全国一律500円の御話

次の副産物として配送業者との特別契約の御話です。

キャプテン翔太の場合は、ECサイトに入った注文を二つの配送方法で処理していました。

 

・amazonFBAから注文者の自宅へ直送する場合
・amazonFBAから一旦自宅に入れてから自宅から注文者へ配送する場合

 

この自宅から配送する場合での御話です。

一日平均8個程度の配送物があった頃に、突然とある配送会社の営業が訪ねてきました。

 

「すみません、御社では毎日多くの配送物を出荷しているようですね。
 弊社では通常の送料よりも格安で特別契約が可能なのですが、御話を聞いてもらえないでしょうか?」

というものでした。

私は、とても喜んで自宅に営業を招きいれました。

 

よく話を聞いたらこれは、結構ある話だそうです。

物量が多い事業者には、その配送物量に応じて送料を個別に設定して契約するそうです。

 

私の場合は、全国一律500円で配送してくれる契約になりました。

 

でもECサイトでは、全国当たり前に送料を取って商品販売していました。

この少しの送料の利益は、数をこなしたら大きな利益になります。

 

特別契約、最寄倉庫を無料で貸し出ししてくれる御話

また、その配送業者の倉庫が私の自宅の近くにたまたまあるようでした。

営業マンは、「その倉庫の一部スペースを無料で利用してもいいですよ」といってくれました。

 

これは、例えば中国輸入などをやる業者には嬉しい話ではないでしょうか?

私のamazon転売のビジネススタイルは倉庫を必要としないスタイルです。

折角頂いた御話ですが、丁重にお断りしました。

 

まとめ Amazon転売の副産物はとんでもない恩恵だった

amazon転売のノウハウを4つの記事に訳で紹介してきました。

初めて見る方は、難しいなと主かもしれませんが、実際にやってみたら凄く簡単です。

このamazon転売は、今現在実際にキャプテン翔太の友人5名にやってもらっています。

どの方も、始めは不安でしたが、今ではもう3年も継続していますので、余裕で処理を実施されております。

 

しかし、Amazon転売にとって、もっと深い一番大事な部分は、今は触れていません。

しかし、いずれ開設する、キャプテン翔太のオンラインサロンではその答えを公開します。

それでは今回の記事はこの辺で。

-Amazon, 転売ノウハウ
-, ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.