副業全般 高級腕時計

【時代の流れをが如実に体験】そこから見えてきた本当に大切な事 ≪海外輸入代行≫

更新日:

 

誰がこんなビジネスの終わり方を想像できたでしょうか。

 

 

こんにちは。

キャプテン翔太です。

【継続は力なり】

よい言葉で、真実ですね。

 

どんな商売も、継続してやっている人が一番力があると信じています。

WEBを活用した副業ビジネス業界においても同じです。

規模は大なり小なりあったとしても、継続して副業を続けて収益を上げるには諦めない努力が必要だと思います。

ノウハウもそうですが、同じくらい重要なのは実直に真面目に取り組む姿勢です。

 

今回の記事では、高級腕時計ビジネスでの実際の体験談を紹介します。

ここで皆さんにご理解して頂きたいのは、ビジネスマインドです。

 

多くの実体験を「あんなこともあったな」で終わらせるので勿体無い。

 

その体験を次の副業に活かすという事がとても大事だと思っています。

 

高級腕時計 輸入代行ビジネスがどのように終焉を迎えたのか。

そこからどんなマインドを得て、次の副業をひらめいたのか。

それを知る事が、実は一番大事だと「確信」しています。

 

 

それでは、今回も張り切っていってみましょう。

 






 

常連さんから学んだ多くのビジネスマインド

私達が最初に始めた高級腕時計輸入代行業は、初月から売上が伸びました。

同時にとても不思議でした。

 

どうしてみんな俺達のサイトを利用してくれるのだろう?

 

その答えは「他に輸入代行してくれる業者がいないから」なのですが、それにしても不思議でした。

こんなに簡単に金が稼げてしまってもよいのだろうか。

そのようにいつも思っていました。

案外、副業とはそういったものかもしれませんね。

今回は輸入代行業で起きた色んな出来事から、キャプテン翔太が何を学んだのか。

 

その辺にフォーカスしてご紹介したいと思います。

 

 

地方在住の70代男性の常連さんとの御話

顧客によっては、運営側と全てmailで完結してしまう方もおります。

それではそれで良いのですが、高額な商品を購入する訳です。

ですから電話して欲しいという顧客のほうが多いです。

そんな中、とある常連の顧客がおりました。

この常連さんは、2ヶ月に一回ペースで輸入代行を依頼してきておりました。

購入希望の時計もすべて40万から80万円程度でしたので、この常連さんはおそらく業者さんだな。

と思っていました。

 

ある日、いつものように常連さんが輸入代行の依頼をしてきました。

同時に、時計に対する追加の質問も沢山くれました。

その常連さんの質問を海外の時計店に質問し、回答が沢山きました。

いつもはmailで回答するのですが、この日は違いました。

 

常連さんに電話で回答したいと伝えて、こちらの携帯番号をmailに記載しました。

待つこと、数分後に私の携帯電話がなりました。

そして、時計についての説明を一通り済ませて一息ついていたとき。

私は気になっていた事を聞くことにしたのです。

 

 


「○○様、つかぬ事を御伺いしても宜しいでしょうか。
コンスタントに当サービスをご利用頂く方は珍しいので、御質問させて頂きます。
○○様は、時計のエージェント様か何かしらの業者様でしょうか?
私どもとしてましては、業者様に対しても輸入代行をさせて頂きますので、問題はないです。」

常連さん
「えっ?私ですか?
いやいや、普通のコレクターです。時計が好きで購入してるんです。
また、よろしく御願いしますね。」

 

 

私は驚きました。

こんなにコンスタントに高級腕時計を購入してくれるお金持ちの方だったとは驚きでした。

しかも、お金持ちでもインターネットを活用して購入するのだという事実に何より驚きました。

我々一般人は勝手な妄想で次のように考えます。

 

「金持ちがネットで高額商品を買うはずがない
 専門店でお得意さん扱いされて、手厚い接客を受けながら購入するに決まっている」

 

これは、一般人の勝手な妄想だったという事が、この瞬間分かりました。

 

このように、驚きの中からまた新たなビジネスマインドが生まれてきました。

 

ビジネスの大海原とはほんとに面白いですね。

どんな海峡があるかは分かりません。

 

そして、幾多の海峡で体験したことは、すべて力となり、次のビジネスに活かされます。

 

 

外国人からのとんでもない注文の御話

またある日とんでもない問合せがありました。

いつものようにmailを開いて確認していると、外国人の方から問合せがきていました。

 

内容はいつものように「このURLの時計を購入したいです」というものでした。

コメント欄には、「金額はいくらかかっても御支払い致します。」と記載。

よくいるハブリの良いお客だなと思っていました。

 

輸入代行手数料は商品金額の20%という事をお伝えしまして、承諾を得ました。

早速、海外の時計店へ掲載されている価格を円に変換しました。

その額【1500万円】

 

えっ?

間違ってない?
時計だよ。

1500万円なんておかしいでしょ?

 

そう思って時計店へ問合せ。

すると思いがけない回答が返ってきました。

 

時計店
「問合せ有難う。
この時計は世界でも3本しかない限定モデルであり、間違いなく本物だよ。
購入してくれるなら、私の店まで直接取りに来なよ。旅費くらい安いもんでしょ?
といいたいところだけど、この時計は実は2週間前に買い手が見つかってしまったんだ。
また、別の時計が欲しくなったらいつでも問い合わせておくれ。」

 

…。

非常に残念ですが、2週間早ければ、、、、

1500万円の時計を1800万円で輸入代行し1200万円を時計店に御支払い。

利益は600万円になるはずだったのに…。

 

逆に考えたら、何処にも売ってなかったから私達のサイトに来てくれたのかもしれません。

こんな風にモンスター級の注文も、時には来るのが海外輸入代行です。

 

残念ながらこのレベルの受注は未だかつてうけた事がないですが、十分夢のある話です。

もう40万や50万の時計を輸入代行するのは小物だなと錯覚してしまいます。

 

 

行動が周囲の目を変えたビジネスマインド

副業をやるといい始めた私を誰も応援してくれなかった。

それどころか、みんな、全員、一人残らず、否定してきました。

 

 

当時はネットで稼ぐなんて、珍しい時代でもあったのかもしれませんね。

もしかしたら、当時からしたら常識を逸脱したビジネスモデルの発想だったのかもしれません。

 

でも。

完全否定は酷いとおもいませんか?

 

この事から私は、「ビジネスで成功したいなら相手を否定しない」という事を学びました。

ですので、結果的には大変感謝しております。

 

そして、今では副業を通じて一人でも多くの方の人生が良くなることを心から願っております。

 

そういった私の熱意が通じたのか周囲の目も徐々に変わってきました。

始めは、全員が私を否定していましたが、徐々に見る目は変わり。

今では、当時否定した人たちの半分は、私の構築した副業をやってもらっています。

 

これが人を変えるということなのかもしれません。

 

 

知り合いの社長さんからも注文が入るように

仕事の伝手で、知り合った社長さんたちには、私が副業をしているなんていいませんでした。

しかし、とある呑みの席で社長さんがしていた時計をみて、購入価格を聞いてみました。

 

すると、社長さんが答えた金額は、私が仕入れられる金額の4倍の値段でした。

もちろん、私の仕入れできる値段は地球全体から調べてますので安いに決まっています。

日本の最安値よりも、地球の最安値の方がはるかに安いですよね?

そこで、社長さんに他にも買いたい時計はありますか?

と聞いたところ、いくつか型番を教えてくれました。

 

早速、友人に仕入れられるかリサーチしてもらい、総額を算出しました。

私たちの利益を入れても、日本の最安値の半額近い値段で仕入れが可能です。

知り合いの社長さんは、とても喜んでくれました。

国際保証書も箱もちゃんと全部ついて、こんなに安く時計が買えた事に大満足でした。

 

国際保証書があれば、日本の代理店でも時計の修理を受けられますからね。

この出来事がきっかけで、私の代理購入が少しづつ広がっていきました。

 

 

ゆっくりと確実に注文が減衰していった

こんな風に順風満帆に進んでいた時計の輸入代行業ですが、終焉を迎えることになりました

どんなビジネスでも終りがあります。

終りがないのは、インフラ事業くらいです。

 

時代の流れにしがみつくビジネスというのは、時代が変わると同時に終わるのです。

私がやっていた輸入代行の基盤は海外の時計オークションサイトでした。

 

このサイト自体はとても魅力があり、未だに需要はあるのです。

ではなぜ、キャプテン翔太がこの時計サイトで儲けられなくなったのか。

それは、【サイトの日本語化】でした。

 

サイトが日本語化する事で、英語が出来ないお金持ちも直接問い合わせが出来るようになったのです。

サイト側がよりよいユーザービリティを追求して行くことで、私が儲からなくなりました。

そして、2018年現在では、輸入代行の依頼は0件

 

ここで一つ、ブームが終焉を迎えきるまで、見届ける事が出来ました。

この経験を、一番初めの副業で出来てほんとによかった。

 

そしてこの経験があったからこそ、私の快進撃が始まったと言えます。

ビジネスが始まり、そして時代と共に終わる。

これを体験したものにしか見えてこないビジネスマインドを皆様に御届できるよう。

これからもブログをがんばって配信していきます。

 

 

高級腕時計 輸入代行ビジネスの終りから学んだビジネスマインドが最強の副産物だった

私は海外の輸入代行業だけではなく。

多くのジャンルのビジネスにその手を広げ、今ではもう副業生活10年超えています。

本当に幸運な事に、利益が出なかった月は、10年間ございません。

多くの副業クルーの皆様や、外部の協力エンジニア様のお陰です。

 

私がこのビジクル.comブログを設立したきっかけとしては以下です。

 

・今まで自分ひとりや友人と一緒に稼いでいた副業ノウハウ。
これをネットで一緒にやってくれるクルーを募集することでもっと規模を大きくできるのではないか。

 

こう思い、2018年10月にブログを設立しました。

 

今考えれば、当初輸入代行のビジネスをやり始めたこと。

これが全てのはじまりだったと思います。

 

輸入代行が徐々に廃れていったときに、焦っていた時期もありました。

 

次に変わる副業を探さないと。

 

そんな風にあせっていたのです。

ですが、落ち着いて自分が体験してきた事を、ゆっくり見返して見ることで、見えてきたんです。

 

輸入代行で得たのは金銭だけではない。

成功も失敗もすべてが自分のノウハウであり、これを応用すれば他のビジネスに活用出来るというマインド。

 

これを築くことができました。

いつの時代でも、世の中に何かを仕掛ける人は、他とは違う思考回路をしています。

でも、それだけではなく、他と違う行動も体験もしています。

 

つまり、諦めず、行動に移し分析を続けているということです。

 

一般的な社会人の生活環境を考えると、なかなか難しいことかもしれません。

会社の仕事に追われて、帰宅したら育児や家族サービスに追われて。

自分のビジネスマインド強化に時間なんて作れないかもしれません。

ですから皆さんこのように考えます。

 

自分でビジネスなんてしかけられない
・でも副業してお金がほしい
・そして、副業に掛けられる時間も僅かがよい

 

生活環境からどうしてもこういう答えになってしまうのです。

でも私は、それが悪い事だとは思いません。

むしろ、副業をしたいと思っている時点で理想的マインドに近いと思います。

 

実際に、私は僭越ながらいくつかの副業をビジクル.comメンバー様へ提供させて頂いております。

その皆様へ御伝えしているのは以下の内容です。

【キャプテン翔太とはもともと友人関係にある】

【キャプテン翔太はこのやり方で実際に何年も稼いでいる】

【法的にも一切BLACKな要素はない

【個人情報がネットに出るようなこともない

【初期投資もランディングコストも0円

【WEBに公開していない完全個人的な友人限定のオファー

【一日の作業時間なれたら5分

 

これだけの魅力的な好条件がそろっているのに副業をやらない方もおります。

こうした方々は【集団教育の心理】が根付いている最も人口が多いタイプの方々であり、非常に大切な存在です。

一般的な消費者としての考え方ができて、意見を伺い参考にするなら最適な存在です。

 

日本人の過半数が副業をやるまで、このタイプの人々はどんな理由があっても副業はやりません

 

それに比べたらこのブログを最後まで見ているあなたはとても賢い思考回路をしています。

副業を探して、実際に読み進めているのですから。

勘違いして頂きたくないのは、副業を実施しない方が悪いというわけではありません。

この世には沢山の属性の人が共存していて、それが全てだと言うことを申し上げたいのです。

 

このブログでは、この先未来もずっと稼ぎ続けることが出来るノウハウを公開しています。

もっとクリティカルで即効性の高い副業は、キャプテン翔太のオンラインサロンで公開していきます。

 

少しでも興味がある方がおられましたら、是非ビジクルクルーに参加してください。

みんなで楽しく稼いでいきましょう。

 

-副業全般, 高級腕時計
-, , , , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.