自動化

複数キーワード対応のgoogle検索結果でサイト数をVBA抽出するツールを作成したよ

更新日:

インターネットで私自身よく調べました。

でも、『やりたい事が出来るツール』は見つかりませんでした。

 

【google検索結果の、サイト数と上位表示されたサイトの名称とURLを抽出するツール】がWEBにはありませんでした。

どうしてこんなツールが必要になるのか?

そんな風に考える方は多いと思います。

その答えはですね。

 

SEO対策の為です。

それ以外に答えはありません。

 

一般的にブログの記事を書くときは、【勝てないキーワードでは勝負しない】というのが通例です。

そして、上位表示されているサイトがどんなブログ記事タイトルで勝負しているかを、複数キーワードで並べて見比べる事もしたかったからです。

 

◆今回の記事の見所

・複数のキーワードに対応した検索結果抽出ツール

・サイト数と上位3位までのサイトURLも抽出する

・ExcelVBA技術を採用してますので、エクセルがインストールされてる事

 

今回のツールも門外不出。

私が制作したので、他では手に入らないツールです。

 

このツールを最終的には無制限で公開する予定ですので、最後まで記事をお読みくださいませ。

それでは、行ってみましょう。

 






 

複数のキーワードに対応した検索結果抽出ツール

「googleで検索結果なんて、自分でポチポチ調べればいいじゃないか!」

そんな風に言う方がいるかもしれませんね。

では質問です。

調べたいキーワードが700個程度あって、各ボリューム事にソート表示したい時があったら、それでもあなたはポチポチ700回繰り返しますか?

 

私がどうしてgoogleで検索するという単純な作業をツール化したかの真意はここにあったんですね。

情報は大量に集まる事で分析が出来るということです。

複数キーワードを何回も手動で検索するのは困難ですよね

複数キーワードを何回も手動で検索するのは困難ですよね

 

 

関連キーワードサイトを活用しSEO分析

上述したように、大量にキーワードを調査出来るのが【関連キーワード取得ツール(仮名・β版)】です。

Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋

Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋

このサイトでは、1語、2語、3語キーワードを入力するだけで、関連するキーワードをあいうえお順に表示してくれます。

Googleサジェスト

Googleサジェスト

また、重複がないように重複カット後の一覧掲載もしてくれます。

全キーワードリスト(重複除去)

全キーワードリスト(重複除去)

このように調査したキーワード結果を全件、googleで実際に調べて見てサイトのHIT数や、上位表示サイトたちのサイトタイトルをみて、勉強する事が目的です。

こうして、調査してから初めて言えるのです。

 

「このキーワードでは勝負するのはやめよう」
「今回の記事のタイトルをこうしよう」

という、判断が初めて出来るのですね。

考えて答えを出すのが一番重要ですね。

考えて答えを出すのが一番重要ですね。

 

 

勝てるキーワードを選別していく

勝てるキーワードの反対は勝てないキーワードです。

例えば、勝てないキーワードは以下が考えられます。

 

・HIT数が異常に多い(競合が多い)

・企業サイトが上位を占めている(被リンクで負け)

 

こうした勝てない要素の逆の状況が成り立つキーワードが、逆にSEOで勝てそうだと思ってもよいわけです。

これらは抽出ツールで抽出した後、その結果とにらめっこしてみないとわからない事もあります。

今回開発したツールは、こんな時に活用するツールなのです。

Excelで自動化ツールを駆使すて、大量のデータを整理

Excelで自動化ツールを駆使すて、大量のデータを整理

 

 

サイト数と上位3位までのサイトURLも抽出する

私が何故上位表示されているサイトのタイトルとURLを抽出したいとおもったのか。

それは、『ライバルたちがどんなタイトルでgoogleから評価を受けているかを調べる』ためです。

とは言え、4位以下のサイトを見ても勉強にならないと思いましたので、3位までのサイト情報を抽出する事にしたんですね。

 

2019年03月12日のgoogleアップデートにて、大幅にSEO順位が変更になったと騒がれています。

googleが公表している事が以下の3つが含まれます。

・ユーザの検索意図をしっかり訴求してください。

・既に上位表示されてるサイトを見本にしてください。

・ユーザの検索意図に関係ない、テキスト、画像、リンクはすべてノイズです。

 

あなたのサイトからノイズを除去してください。

こんな風に公表しています。

まったく、いつも回答の仕方がむず痒いですね。

答えを簡単には教えてくれないGoogle

答えを簡単には教えてくれないGoogle

 

 

上位のサイトタイトルもSEOとして勉強する

となればですよ。

自分で他のサイトを見ながら勉強するしかありませんね。

数百個の検索キーワードをgoogleでいちいち検索してられません。

今回のツールを是非活用してください。

 

上位表示されているサイトのタイトルも非常に勉強になりました。

1位のサイト2位のサイトそれぞれ、着眼点が違った記事内容を掲載しているけど、どうしてこの順位になったのか。

それは、検索ユーザの意図を訴求出来ているとgoogleが判断したからです。

 

そうなると、1位のサイトの構成など何から何まで目を通す価値はあります。

いくら企業サイトには勝てないとはいえ、一応みて勉強してください。

 

キーワードがどうなっているか、どんな心理の元、そのキーワードで検索してきたのかのユーザ意図を考えながらサイトを見ていくのです。

いろんなキーワードをしっかり検索しよう

いろんなキーワードをしっかり検索しよう

 

 

URLがあるから即座にサイトに飛べる

私が開発したこのツールをぼーっと眺めていると、各キーワードで3位までのサイトのタイトルとURLが一覧で表示されています。

 

「へー、このキーワードでこのタイトルが1位かー」と気付かされる事がたくさんあります。

そんな時には、そのサイトをすぐに見てみたいですよね?

その時のために、URLも一緒に抽出できるように開発しました。

便利ではありませんか?

 

抽出対象のキーワードが500個あってもゆっくり時間をかけて勉強していくのです。

そして、その先に、どんなサイトタイトルならgoogleから評価を受けるのかの基本概念が身に沁みついていくのだと思っています。

抽出ツールの外観

抽出ツールの外観

 

 

ExcelVBA技術を採用してますので、エクセルがインストールされてる事

今回のツールはエクセルVBA技術を採用しました。

これは、だれでも簡単にツールを利用できるようにしたいという、私の想いがあったからです。

これによって、エクセルがインストールされている方ならば自由に使う事ができるでしょう。

 

念のために、私の開発環境を記載しておきますね。

私と同じ環境であれば、間違いなくツールは稼働します。

・Windows10

・64bit

・Microsoft Excel 2010以上

 

このような環境であれば、ツールが動きます。

Windows10で稼働します。

Windows10で稼働します。

 

 

簡単な動かし方

それでは簡単な操作方法について、掲載していきましょう。

めっちゃ簡単ですよ。

1.ツールを立ち上げます

抽出ツールの外観

抽出ツールの外観

2.A列にキーワードをたくさん入れます

3.A2セルの【抽出開始ボタン】を押します。

しばらく待ちます。

完了です。

こんなに簡単な作業で、待っていれば情報がエクセルに転記されていきます。

どうですか?素晴らしいツールだと思いませんか?
手動で仕事なんてしなよぉ、全部自動化だよぉ。

手動で仕事なんてしなよぉ、全部自動化だよぉ。

 

 

まとめ ブログ記事のタイトルを作る時などに重宝します

今回制作したツールについては、【キャプテン翔太のオンラインサロン】にて無制限で公開したいと思います。

サロンでは、今回紹介したツール以外にも例えば、TOPBUZZで複数アカウントの収益を自動抽出するツールの無制限公開もしていたりします。

その数20個程度のツール無制限公開を目指しています。

 

ビジネスでライバルに差をつけるには、こうした便利ツールを活用する事も必要だと私は考えています。

もし、興味がある方がいましたら、是非オンラインサロンに入ってみてはいかがでしょうか。

ここまでお読み頂き、誠に有難う御座いました。

-自動化
-, , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.