マインド 副業全般

【副業者として大事な3つの心構え】誠実さ・速さ・アンテナの貼り方について徹底解説

更新日:

「何でもやっていいから、副業を始めたい。」

「人脈もないんだけど、どこから仕事を持ってくれば良いかわからない」

こんな風に悩んでいる方のために、今回の記事を執筆させていただきました。

 

副業がずっとできている方は、マインドがしっかりとしている方です。

ビジネスを継続するためには、必ず必要な考え方というのがあります。

今回はキャプテン翔太が、常に意識しているビジネスマインドについてご紹介させていただきます。

『歩くビジネス発見器』と、言われている私の提案を、どうぞ読み進めてみてください。

 

今回の記事では、主に以下の3つの事についてご紹介させていただきます。

・誠実さとは、相手の気持ちを考えること

・速さとは、他の業者よりも早く上げること

・アンテナの貼り方とは、いかなることもビジネスに置き換えること

 

ここに書いた事は、ビジネスマンとしては当たり前のことです。

しかしサラリーマンしか経験したことがない方は、こうしたビジネスマインドがよくわからないと言います。

考え方を変えるだけで、不思議と仕事が次から次へとあなたに舞い込んでくるということを忘れないでください。

 






 

誠実さとは、相手の気持ちを考えること

誠実さとは何を持っていうのでしょうか。

ビジネスにおいての誠実さというのは、馬鹿正直に会話をするだけではダメです。

 

常に相手の気持ちを考えて、先回りしながら話を進めていくことが誠実さといえます。

相手が困っていることや、達成したいことを会話の中で深掘りしていくのです。

1番ベストの形で答えを導き出すことができれば、あなたは優秀なビジネスマンだといえます。

誠実さと愛と正義があれば、みんなから好かれます。

誠実さと愛と正義があれば、みんなから好かれます。

 

 

クライアントは本心で話をしているとは思わないこと

クライアントは皆さんが頭が切れるわけではありません。

ときには自分が何をすれば良いか、自分でも分かっていないクライアントも存在します。

 

様々なタイプのクライアントが存在しますから、常に話を聞いてあげる側の人間は頭をフラットにして話を進めていくのがベストでしょう。

何が答えかわからないけども、現状を改善したいとだけ言ってくるクライアントも存在します。

思いつきだけで会話をしてくるクライアントも存在します。

ビジネスでは本音と建前が当たり前

ビジネスでは本音と建前が当たり前

 

 

クライアントの核心をついて提案できれば100点

クライアント自身が何をどうしたいか、頭の中で整理できていない状態だったとします。

このような場合では、片方が冷静な会話ができないと一向に話が進みません。

 

本当にクライアントがやりたい事は何なのか、それを訴求しながらあなたは話を聞いてあげる必要があります。

目的から目をそらさないことが1番大切だということです。

一番話が分かるエンジニアが選出されるのは当たり前

一番話が分かるエンジニアが選出されるのは当たり前

 

 

速さとは、他の業者よりも早く上げること

速さを訴求する事は1番ビジネスにおいて大切なのかもしれません。

約束していたことが早く達成できるという事ほど、クライアントが喜ぶ事はありません。

納品が早くできる業者は、次もお願いしようという気持ちになるからです。

 

速さを訴求するビジネスマンにおいては、資料作りは完璧な速度であげるようにしましょう。

ほかの業者が上げる速度を上回ろう

ほかの業者が上げる速度を上回ろう

 

 

自分ができる最高の速度で取り組む

自分自身が持っている全ての実力を駆使して、毎回仕事に取り組むようにしましょう。

あえてゆっくりやる仕事なんてこの世に存在しません。

 

やるべき時に、最速でやるだけなのです。

常に最速で仕事をこなすようにしてください。

パソコンソフトの使い方にしても、これ以上早いやり方は無いのかを常に考えて仕事をしてください。

 

インターネットを常に見ながら、早く仕事をする方法を探求し続けてください。

自分が出来る最高の速度で仕事はこなそう

自分が出来る最高の速度で仕事はこなそう

 

 

他の業者に依頼しなくなる仕組み

あなたの努力が実を結ぶことで、クライアントの感想が徐々に変わってきます。

 

・仕事が早いですね。

・もう終わったんですか。

 

などと言う言葉をかけてくれることになります。

クライアントは全ての仕事をあなたに依頼してくるとは限りません。

ときには他の業者に依頼をすることもあるでしょう。

 

その時に、他の業者の納品速度があなたよりも遅ければ、クライアントはあなたを評価しますよね。

このように他の業者と比べられても、比べ物にならない位の速度でいつも納品するように心がけましょう。

ビジネスの仕組みを作ってしまえばよいのです。

ビジネスの仕組みを作ってしまえばよいのです。

 

 

アンテナの貼り方とは、いかなる事でもビジネスに置き換えること

次に大切な事は仕事を自分で見つけるということです。

あなたが優秀な才能を身に付けたとしても、仕事がなければお金も発生しません。

 

あなたのために仕事を見つけてきてくれる方がいれば、そんな苦労する必要はありません。

しかし一般的には、自分の仕事は自分で見つけてくるのが当たり前です。

それではどのようなアンテナの貼り方で、仕事を見つけてくるのかを一部紹介させていただきます。

アイデアは発想次第でいくらでも生まれる

アイデアは発想次第でいくらでも生まれる

 

 

困り事がある人は全てクライアントになる

ビジネスの基本は困り事を解決するということに尽きます。

どのような事柄でも構わないので、何か困っている人がいたらそれを解決してあげるのがビジネスです。

例えば自営業の方が集客に困っていたとします。

 

あなたがもしインターネットで集客をする実力があれば、私が集客をしましょうかと声をかけることができますよね

その他にも誰かがシステムを制作したいと言っていたとすれば、あなたの知り合いでエンジニアがいれば紹介してあげるだけでビジネスになります。

ビジネスというのは、あなたがこなして利益を発生させる場合と、あなたが誰かを紹介して利益を発生させる場合もあります。

 

その他にもアイデアを出すだけでもお金になる仕事もあります。

仕事の形に関してあまりこだわらないことです。

世の中のすべての人がクライアントになる可能性あり

世の中のすべての人がクライアントになる可能性あり

 

 

利益は発生してから分配すればよい

クライアントによっては、先にお金を支払うことを嫌うクライアントもいます。

成功報酬型のビジネスを希望するクライアントも多く存在します。

お互いにお金を出し合って、1つのビジネスを達成させる。

 

そのビジネスが成功すれば報酬は折半するという考え方です。

ベンチャー企業に多いやり方ですね。

 

個人で働くフリーランスも、そのようなスタイルで働いている人もいると思います。

初めの段階でお互いが何をするのかだけ決めて、ビジネスを進めていくことができればこの成功報酬型が1番良いと思います。

利益は儲かってから分配すればよい

利益は儲かってから分配すればよい

 

 

まとめ 生きてるだけでビジネスマンという形が理想

ここまで紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。

これまでサラリーマンしか経験したことがなくて、誰かと一緒にビジネスを進めていくということを経験したことがない方は参考になるのではないでしょうか。

 

クライアントというのは実に多くのタイプが存在します。

打ち合わせをしていくうちに、クライアントのタイプがどんどん分かるようになってきます。

クライアントの属性をしっかりと見極めながら、相手が何を求めているかをしっかりと提案できるビジネスマンになりましょう。

 

そうすることができれば、あなたも1人で仕事を取ってきて、しっかりとした製品を納品することができるビジネスマンになることができるでしょう。

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

-マインド, 副業全般
-, ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.