楽天 転売ノウハウ

【ECサイトの闇】転売ビジネスの失敗から次の副業に活かす方法教えます <楽天市場編>

更新日:

どのECサイトにも闇がある、そして転売ビジネスでは知っておきべき真実がある

こんにちは。

キャプテン翔太です。

今回の記事のテーマは【失敗談】です。

それはもしかしたら、人生で一番大事な事柄なのかもしれませんね。

Amazon転売においては、今では多くの業者が楽天から手をひきました。

しかし、海外転売や在庫有り転売については未だに転売業者は沢山います。

※正規代理店とか正規取扱店以外の個人でメーカー品を販売してる店はすべて転売業者です。

私が楽天ショップを経営していた頃に経験した失敗談を今回は紹介いたします。

経験した各失敗談は次のECサイト出店のときに非常に役立ちました。

ですので、あなたもこれから始める転売に関して知っておいても損はしない内容です。

それでは、張り切っていってみましょう。






楽天は規約違反してもすぐには退店させない?!

とても貴重な御話をします。

私の店舗では、Amazonに販売してある色んな商品を楽天へ出品していました。

中には少し毛色が違って、中国輸入商品も混ぜて経営していました。

ある日、楽天事務局から連絡が来たのです。

「御社取扱商品○○○○ですが、アダルト商品販売規約に該当しますので販売を中止し…」

っえ?

私は驚きました。

その商品は、マッサージ器でこれまでに数百点も販売し、期間も1年以上販売している商品だったからです。

どうして、この商品がいきなり販売規約に該当したのか全く理解が出来ませんでした。

営業担当と話をつけました

急いで楽天営業担当へ連絡し、事の状況を説明する事に。

営業担当は私の言い分を理解してくれて、事務局へ相談してくれました。

最終的には、仕入先情報の提示とインボイスの提供をする事で、販売再スタートの許可がおりたんです。

私はほっとして、再び大量の在庫を仕入れることにしました。

月間に何十点も売れる商品ですから、中国から大量に仕入れた方が利益も大きく出ます。

ですから、沢山の量を仕入れることにしたんです。

そしてしばらくの間順調にそのマッサージ器は売れていました。

半年後に営業担当が見放してきたのです

それから半年後、楽天出店料の更新時期が来ました。

今の出店プランにおける支払いタイミングはわかりません。

しかし、当時は出店料もランディングコストも非常に高かったのを覚えています。

しかも、半年分を先に支払ってから運用が継続できるという規約だったのです。

更新時期になり、楽天から請求書が発行され、その額を振込み支払い完了させました。

すると、2週間後に運命のmailが楽天事務局から送られてきました。

「御社取扱商品○○○○ですが、アダルト商品販売規約に該当しますので販売を…
御社の出店契約を破棄させて頂きます。」

えっ?強制退店?

この商品は半年前に、担当営業を通して、事務局と話はついていたはず。

私は急いで、営業担当へ連絡しました。

しかし、営業担当は「事務局で決まった事だからどうしようもない」の一点張り。

そうです。

私は楽天にはめられたのです。

はじめから出店料を更新してから退店させようという計画だったのでしょう。

楽天はこのような仕打ちをしてきたので、私はインターネットで同じ被害者を検索しまくりました。

すると、やはり同様に同じ手口で被害にあっている経営者が沢山いました。

どの店舗でも「更新料を支払ったら強制退店になった」という共通点がありました。

結果として辿りついた答え

楽天市場規約上、無在庫転売はNGです。

普通に考えたら無在庫転売をしている店舗からどうかは直に分かります。

・住所がマンション
・取扱商品点数が1000商品以上(私の場合は7万件)
・決済種別が前払い決済しか受付けない

このような条件が揃った店舗がかなりの確率で無在庫転売業者です。

楽天はこうした条件に当てはまる店舗をすべて退店させたかったのでしょう。

結局、それでも楽天市場でも転売をやりたいのであれば、目視で商品登録していくしかありません。

楽天強制退店で自殺を選ぶ?それだけ影響力が大きいECサイト経営

仕事全体に言えることです。

あなたは、今の仕事場で上司から「明日から来なくていいから」といわれたらどうしますか?

職を失ったら、また探さないといけませんよね?

それは人間社会で生きていく以上、誰だって同じ条件です。

ECサイトで転売をメインで稼いでいる人も条件は同じです。

経営者には上司はいませんが、事業自体が滞ってしまったら生きていけません。

中には、事業に失敗して自殺する人の話は本当に後を絶ちません。

このブログを見ているあなたにはそんな事は絶対にさせません。

キャプテン翔太のオンラインサロンで、副業ノウハウをしっかりと実に付けてください。

そして、複数の収入源を確保してください。

とあるブログを見かけたのでご紹介

キャプテン翔太が、ネットサーフィンをしていてたまたま見つけたブログ記事を紹介します。

内容は【ECサイト経営で大量の予約注文を受けた後、商品が仕入れられなくて倒産した話】です。


おとな歩き道さん

読んで頂いたら分かりますが、本当に悲惨だと思いました。

予約注文という便利な機能を駆使して、利益の確保を急いだ形になります。

こと無在庫転売においては予約注文などの機能は絶対に使いません。

転売者は絶対にそんな機能は利用してはならないのです。

予約機能は、公式取扱店、取扱ディーラーなどの正式な代理店が活用する機能です。

これらディーラーは、メーカーの先行展示会に招待され、そこで2シーズン前からロットで発注してます。

その発注数をみてメーカーは生産数を決めるのです。

転売をやっていて活、予約注文という恐怖の機能に手を出した事が原因でした。

でも、この失敗はとても大切な失敗です。

大なり小なり、みんな失敗して成長していくのです。

ですから、この経験は本当に大切な経験となったことでしょう。

私も同じことは経験済み。在庫なしキャンセルでも悪評価つけないノウハウ

キャプテン翔太もとんでもない失敗をした事があります。

店舗に掲載している商品の在庫数を無制限に設定していた時のこと。

注文御知らせmailが大量に入りはじめ、なんと10分で150件の注文を受けた事があります。

ご存知の通り、キャプテン翔太はAmazonからの転売なのです。

Amazonで在庫がなくれば、もう販売することはできません。

案の定、Amazonをみても在庫切れ

150名が2個とか3個とか、注文してきています。

このまま普通に全部キャンセル処理をしたら、悪い評価がついて、店舗は契約破棄となり強制退店になります。

しかし、キャプテン翔太はある対応をとることで、1件も悪い評価をつける事なく、150件全部キャンセルしました。

まるで、魔法のような発想で顧客達は全員納得してくれました。

このノウハウについては、キャプテン翔太のオンラインサロンにて公開しています。

是非、あなたも登録してみてくださいね。

強制退店で人生路頭に迷わない唯一の方法

強制退店を余儀なくされると、明日からの収入がなくなります。

収入がなくなれば、生活水準を下げるか、急いで別の収入源を探す必要があります。

上手く見つかればよいですが、見つからないときは人生路頭に迷います。

しかし、収入源が複数あればどうでしょうか?

○キャプテン翔太の場合

・派遣の給与所得
・副業シリーズ0の事業所得
・副業シリーズ1の事業所得
・副業シリーズ2の事業所得
・たまにやるチラシや名刺などのデザイン作成事業所得
・オンラインサロン事業所得

結構、数ありますねぇ。

額はきっと普通のサリーマンをはるかに超えているでしょう。

金遣いも思い切りがいいのがキャプテン翔太です。

こんな風に複数の収入源があれば、いきなり人生路頭に迷うこともなくなります。

「そんな事言っても、副業なんてのはたった一つでも見つける事すら難しいよ!」

と怒られそうですね。

ご安心ください。

キャプテン翔太のオンラインサロンでは、複数の副業サービスをご案内しております。

そのどれもが、実績があり、参加者は全員毎月利益が出ています。

中には、2つ別々の副業を実践されている方も多数おられます。

このブログを見たのが何かの縁です。

あなたもキャプテン翔太のオンラインサロンに参加してみませんか?

まとめ 楽天の転売経験がその後の経験値になった

いかがでしたでしょうか?

今回は、楽天市場のAmazon転売についての失敗談を記事にしました。

楽天市場も規約違反の無在庫転売者を追放したくて色々仕掛けてきていますね。

そもそもを考えてみましょう。

・転売店舗の全てがきちんとダンボールを自店舗のものに入れかえて配送。
・AmazonFBA倉庫からの直送を止める。
・在庫管理も徹底して、細かい商品更新を心がける。

これを実践していたら、きっと楽天市場は今でも転売がやり易いECサイトだったはずです。

もう、世の中の転売ヤーに荒されてしまいましたので、ここからの無在庫転売参入にはほんとに熟練者しか成功しません。

Amazon転売には、それだけノウハウが必要だということです。

さて、次回の記事はyahooショッピング編を記載したいと思います。

前代未聞の10店舗同時運営の事実なども公開しますので、お楽しみに。

-楽天, 転売ノウハウ
-, , , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.