FX 副業全般

【FX 隠れた儲け方教えます】EA自動売買ソフトがバンバン売れていた<EAを量産しヤフオクで稼ぐ>

更新日:

 

取引に勝ち過ぎて、FXの証券会社からクレームの電話が来た事があります。

 

「クレーム」の画像検索結果

 

こんにちは。

キャプテン翔太です。

 

今回は、副業といえるかどうか分かりませんが、FXという投資の分類に入る稼ぎ方について記事にします。

こう見えても私は大手で働く専業トレーダーよりも、FXの知識があります。

中国に国籍を移して、中国でFX証券会社を設立して儲けている社長さんに言われました。

「君は、FXの裏側も良く理解してるね。たいしたもんだ。」

 

※恐らくバイナリーオプションを初めて日本に持ってきた業者さんとも、仕事した事があります。

 

そんな私ですが、今はFXから足を洗っていて、一切取引もしておりません。

今回も当時の稼ぎ方を紹介させて頂きます。

 

これは、今現在でもバンバン稼げる業界の裏側の話です。

「トレード」の画像検索結果

 

事実ですので、血の通った伝説です。

それでは参りましょう。

 






 

 

FXで勝ち過ぎて証券会社からクレームがあった話。

私が自分で制作した自動売買システムEAを稼動していたら10分間に50回くらいエントリーし、細かく利益を取っていました。

詳しい人は分かると思いますが、これっていうのはFXで一番勝ちやすい手法なんです。

スキャルピングといいます。

「スキャルピング」の画像検索結果

画像引用 → FXビギナーズ

この手法は一番安全に勝ちを細かく積み上げていけるのですが、証券会社のサーバに物凄く負荷をかけます。

その為、証券会社のほとんどが、スキャルピング型のEAの稼動をNGとしています。

 

当時は、まだまだFXインフラ整備が国内でも整っていませんでしたから、そのようなEA規制がない証券会社を私は利用していました。

やっとの想いで開発したEAを稼動し、順調に勝ちを重ねて一日で5万円ほどの利益をだしていて、喜んでいました。

すると、翌日に証券会社の担当から電話がかかってきました。

関連画像

担当
「お客様の取引は自動売買システムを利用していますね?
短時間にこのような頻繁なエントリーは、サーバに負荷をかけますので止めてください。」


「規約には書いていませんよ?」

担当
「確かに具体的には記載していませんが、(その他、当社が定める事項)に該当しますので、
当社の判断で、自動売買は止めてください。止めない場合は、口座凍結とさせて頂きます。」

 

 

もうですね。

泣き寝入りですよ。

 

折角勝てるシステムを自力で作成したのに、使えないのです。

FXは相対取引ですから、ユーザーが勝てば証券会社は負けるのです。

 

だから電話してきたんですね。

この自動売買ソフトですが、ヤフオクやWEB上には5万円や20万円などの価格でEAが売買されています

ですが、折角なら自力で作ればいいのです。

 

そのEA、どうやって開発してるか裏側を今回は記事にして紹介していきたいと思います。

 

 

テクニカル分析

FXの裏側を知るために、まずは表面上の知識を少し知りましょう。

テクニカル分析

関連画像

これは、これまでのローソク足チャートの動きを、色々なインジケータと言われる指標を参照しながら、エントリーする手法です。

 

言ってる意味分からない人はさっぱりですよね?

なんとなく理解でよいです。

続けます。

 

分かり易くというと、5日間の値動きの平均値や、値動きの幅(急落や高騰)を数値で分析することです。

また、特定のレートに予約注文が殺到している場合、そのレートに実際の値動きが当たるか当らないかで判断するライン分析もテクニカルの一つです。

 

FXは人の心理も大きく影響します。

 

それを数値で視覚的に分析するとても重要な手法の一つです。

 

 

ファンダメンタル分析

これは、影響力を分析した手法の事です。

「ファンダメンタル分析」の画像検索結果

画像引用 → お金と株式投資の学び場

「世界の要人発言」という言葉を聴いたことがありませんか?

世界の政治や経済の事業などを加味して、FXの値動きを予想する分析をファンダメンタル分析といいます。

 

・各国の大統領の発言
・世界で活躍する大企業の倒産
・世界の連合にて策定された決議内容
・各国で発生する天変地異

 

このような世界規模で注目されるニュースにFXはとても反応します。

実際にチャート盤をみていたら分かるのですが、ローソク足の値動きが半端なく動きます。

 

私の場合は、ファンダメンタル分析は一切やりません

私がやっていた自動売買システムは基本的にテクニカル分析の中に存在する一つの手法だからです。

 

 

自動売買システム(EA)とインジケータの存在を知る

インジケータと言われる指標をプログラムしたツールがあります。

このインジケータは、本当にいろんな種類があります。

関連画像

 

・ストキャスティング
・移動平均線
・ボリンジャーバンド

 

上げるだけでもキリがありません。

その種類3000種類はあるとわれています。

こうした既存のインジケータを組み合わせて自動売買ソフトEAは制作するのです。

そうする事で、例えばこのようなことが可能になります。

 

・ストキャス、移動平均線、ボリンジャの3つが同時に買いとしめしたらエントリーする。
・次にいずれか1つが売りと示したら決済する。

 

という命令がプログラムに渡せるのです。

ですからインジケータの種類を沢山知っている人ほど、EA制作では有利です。

「有利 FX」の画像検索結果

 

 

時間がない社会人の投資には便利かも

忙しい社会人が副業でFXをやるにはやっぱりEAです。

理由は簡単、ファンダメンタルで裁量取引が出来る人は本業にすればよいからです。

 

普通の人はFXでは勝てません。

勝てないからみんな勝てる方法を探すのです。

 

時間のないサラリーマンにFXの読み方を勉強する時間なんてありません。

ですから、自動売買EAを利用するのが最適なのです。

「忙しい」の画像検索結果

 

EAとインジケータとの付き合い方

また、インジケータは自動売買ソフトに組込むことが出来るだけではありません。

御自身のプラットフォームにインストールしてただ眺めるだけもできます。

 

つまり、エントリーやクローズという作業は手動でやる。

でも、何を元に分析してるかというとインジケータを元に分析している。

 

という事も可能です。

自動売買ソフトが信用できない人は、この手法でもいいです。

しかし、いつチャンスが到来するか分からないままずっとPC画面に張り付くことになります。

寝不足になる事をお約束しましょう。

「寝不足」の画像検索結果

 

 

なんとEAやインジケータはヤフオクでバンバン販売されていた

私はいろんなインジケータを探す為に、いろんなサイトをみました。

ヤフオクを見てみたら魅力的なインジケータが多数販売されていました。

 

商品説明を読むとたまに、インジケータの特性を無視した矛盾してる商品もあったりしました。

「この開発者はFXわかってないのかな」といった所です。

 

また、値段は数万円もするのに、沢山の購入者がいたのには驚きました。

関連画像

 

商品説明ページの文章が魅力的

人間ですから私もその辺のLPで見かけるFX商材は本当に勝てるのではないか?

と思ってしまいます。

 

でも、私は絶対に買いません。

 

勝てないのを知っているからです。

 

というか、デザインが影響する恐ろしい大衆心理操作効果を知ってしまったからです。

それに、文章についてもプロのライターは上手に心理操作してきます。

 

本当に勝てる事と、商品に魅力を感じることは別で考えないとだめです。

本当に勝てるどうかについては、デザインや記事の内容ではなくて以下の質問をする事です。

 

「これから1ヶ月ユーチューブでliveトレード結果を配信してください。
不正が出来ないように、取引履歴データの公開も御願いします。
もちろんスプレッドがきつい有料口座でliveトレードした結果をください。
勝てるのですよね?」

 

と質問してみましょう。

私が絶対に勝てるEAを開発したら、喜んでやってあげます。

その方が、より広告効果が上がり、もっと売れるからです。

 

でもそれを出来ないということは、勝てないということです。

だまされてはなりません。

「だます」の画像検索結果

 

注意すべき「業界」への考え方

上述した質問でも少しふれましたが、EAで一番大事なのはliveトレード結果です。

しかも、有料口座での生の取引結果です。

 

・バーチャルトレードと本番トレードでは、スプレットが違うので勝率が多きく変わります。
バックテストのローソク足の値動きは、証券会社によりバラバラですからあてになりません。
インターバンクレートの直で表示する海外の証券会社で勝負しないと国内では勝てません。

 

言ってる意味がわからないと思いますが、日本のFXという業界全体が腐ってるということです。

顧客には、言ってしまえば嘘のレートを表示して操作しているという事です。

 

あからさまなレートの違いはさすがにばれますので、日本の証券会社でもやりません。

しかし、スキャル対策で必ず数PIPS抜いてます。

 

何が取り分だ!といいたくなります。

これは確実なアドバイスです。

 

【FXは証券会社を選ぶ時点で勝敗が確定します。】

 

EAで勝つにはスキャルしかありえません。

でもスキャルをやると、証券会社からPIPS食いにあって負けます。

 

では、逆にファンダメンタルでやるとそれはそれで、超勉強しないと地球の流れは読めません。

だからほとんどの人が勝てません。

「負け」の画像検索結果

 

 

まとめ 取引をするから負けることを知る

そうです。

A証券、B証券、C証券、それぞれ口座開設してMT4インストールしてください。

同時に表示したらレートが違うことに気が付くでしょう。

WEBのタイムラグだとは言わせません。

 

特にストップ値にタッチする会社としない会社もいます。

ストップ狩は実在してそうですね。

このように、FXという大海原は、実はキャプテン翔太が今もやっている副業ビジネスよりも複雑で難解です。

こんな厄介な業界の深みにはまって時間を消耗するよりも、別の稼ぎ方に着目した方が良いです。

ということで、次回の記事はここまで。

関連画像

 

次回の記事では、EAの作り方を教えます。

目からウロコですよ。

あ、ちなみに私はFXでトータル300万は取引で稼いでました

生活はぼろぼろで、ほとんど不眠です。

 

もうあんな生活はいやです。

それよりもこのブログで紹介する副業でその10倍は、累計稼いでいます。

それでは、次回の記事もお楽しみに。

-FX, 副業全般
-, , , , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.