ブログ 副業全般

【エックスドメインとサーバーの評価】価格比較しWordPressでブログをはじめよう。

投稿日:

「ブログをはじめたいけど、やり方がわからない」

「みんなWordpressでブログをやっているけど、理由が知りたい」

 

このように考えている方は実に沢山いる事でしょう。

一回覚えてしまったら難しい事ではないのですが、はじめの第一歩が一番大切です。

私自身も一番初めにドメインやサーバを勉強した時は、挫折して無料のブログサービスへ逃げたものです。

 

でも「これではいつまでたっても本物にはなれない」と一念発起して、またWEBとにらめっこの日々がはじまりなんとか自力でドメインやサーバの仕組みを理解する事で出来たのでした。

 

今回の記事では、ドメインやサーバを理解して、Wordpressというブログツールをサーバにインストールしてブログ記事を書き始めるまで準備できるような情報を記載したいと思います。

・ドメインを理解し、おすすめドメインサービスを利用する

・サーバを理解し、おすすめレンタルサーバを利用する

・何故多くのプロブロガーがWordpressをお勧めするか理解する

初心者には難しいキーワードが連発で出てきますが、その辺はgoogleで検索しながら言葉の意味を一つ一つ覚えていきながら読み進めてみてください。

私自身も昔からそうだったのですが【わからない事は即gooogleで調べる】事を習慣化してください。

これが習慣化した状態で5年も経過したら結構いろんな知識を知っている事になります。

 

なので、わからないことはすぐに調べるという習慣化を身に着けてください。

さらっとビジネスで大切な事を記載しましたが、それではさっそく今回のブログの本題に入っていきたいと思います。

 






 

エックスドメインについての評価

ドメインとはインターネット上の【住所】と言えます。

ドメインがあれば、主に以下の利用方法があります。

 

メールアドレスを取得出来る

メールアドレスは、メールをやり取りする際に利用できますね。

その時に「@」より後ろの部分をドメインといいます。

 

Gmailでいうならば【@gmail.com】の部分

yahooメールで言うならば【@yahoo.co.jp】の部分です。

この部分を自分のすきな文字列で取得する事が出来ます。

※ただし既に誰かが取得していたら取得出来ません。

ホープページをサーバへ設置できる

ホームページを作成するときにはサーバを用意する必要があります。

サーバへ対して【ドメイン設定】を実施する事で、以下のようなURLをWEB上に発行できるようになります。

例えばGmailならば【https://mail.google.com/

yahooJapanならば【https://www.yahoo.co.jp/

というURLになります。

 

この【https://】の部分をぬかした部分がドメインですね。

ドメインをサーバへ設定する事で、URLになるって事を覚えておいてください。

この辺は概念だけ覚えておけばよいです。

ブログを更新する為には、そこまで詳しい知識は不要です。

概要だけ理解すればOKです。

 

 

ドメイン取得サービスの価格比較

それではまずは、ドメインの取得をまずは行う必要があるのですが、無料では取得できません。

またドメインにも沢山の種類があるので、これから運用するブログの属性にあわせてドメインを取得する必要があります。

 

どのドメインを選定するかについては、結論をいうならば【どれでもOKです】ですが実際は用途が細かく分かれています。

ブログを見てくれるユーザが、そのサイトの特色に合わせたドメインをみて納得するか、不思議に思うかの問題ですので、どうせ取得するならちゃんと特色に合わせたドメインを取得しましょう。

 

ドメインの一例紹介

com → 主にアメリカにて運営するサイトに多用される商業組織用

jp → 主に日本にて運営するサイトに多用される商業組織用

net → 国を問わず利用されるネットワーク用

org → 非営利組織用

info → 制限なし

biz → ビジネス

このようにドメインにはいくつもの種類があって、それぞれに利用用途があります。

ちなみに、このブログは安価なドメインを利用したかったので【net】としております。

 

ドメインについては、年間のランディングコストもそこまでかかりませんので、以下のおすすめサイトのいずれかから好きなところを利用する事をお勧め致します。

流れとしては、まずドメインの種類を決めます。

そして、安いところを選んでみるのがよいと思います。

 

スタードメイン

スタードメイン

エックスドメイン

エックスドメイン

エルドメイン

エルドメイン

ゴンベエドメイン

ゴンベエドメイン

エックスドメインをお勧めします。

上記でご紹介したドメイン取得サービスの中で特におすすめするのが、エックスドメインです。

その中でも理由がいくつかありますので、以下を確認してみてください。

 

独自ドメインの更新費用が安い

「.com」「.net」「.biz」「.info」「.org」といったドメインで取得を希望されているのであれば、エックスドメインが一番料金が安いです。

その他のドメインについても、最安値ではないのですが、そこまで変わらない料金ですのでお勧めです。

 

エックスサーバの初期費用が半額になる

後述するエックスサーバですが、なんとエックスドメインで取得する事で、初期費用が半額になります。

これは非常によいメリットですので、エックスサーバとドメインはセットで契約する事をおすすめいたします。

※連携サービスで契約した場合、初期費用が半額になります。

 

レンタルサーバへの設定が楽になる

サーバを契約したらそのサーバにはネームサーバ設置というものが必要になります。

私もこの作業でつまづいたりしたのですが、エックスドメインで取得したドメインは、エックスサーバへネームサーバ設定をするときに勝手に設定してくれるので大変便利です。

 

 

whois情報公開代行を無料で利用できる

ドメイン会社からドメインを取得する際に登録した個人情報をインターネット上に公開するかしないかの設定があります。

この設定がwhois情報公開設定といいます。

 

この設定を、エックスドメイン会社の情報を表示させることができ、これにより個人情報を保護できる機能も用意されています。

この機能が無料で利用できるのです。

このように、エックスドメインには沢山のメリットがありますので是非ご検討してみてください。

エックスドメイン

 

エックスサーバについての評価

サーバとはサービスを提供する側のコンピュータの事です。

物理的にパソコンがあって、そのハードディスク内でシステムデータを運用しているとイメージしてください。

インターネット上のレンタルサーバサービスとは、その会社のコンピュータの領域をレンタルしてそこにブログ情報をなどをUPロードして、WEB上で誰もが閲覧できるようにしているのです。

 

レンタルサーバ会社のパソコンの領域を借りるわけですから、毎月費用が発生します。

おおよそ、年間に1万円前後の費用が掛かりますが、ここでは比較検討してみる事にしましょう。

 

 

レンタルサーバサービス価格やサービス比較

サーバを選定する時に重要なのは、価格が安いという事もそうなのですが、一番重要なのは安定です。

ブログを始めた時にはアクセスが少ないので、サーバに負荷がかかるなんて事はあまりないでしょう。

 

しかし、blogの規模が大きくなってきた時には、アクセスが集中してサーバが不安定になってしまう事もあるのです。

具体的にはページを表示しようとしても、うまく表示されなかったりします。

このような事態になると、自分自身だけではなくブログへアクセスしてくれたユーザへ対してもストレスを与えてしまい、結果的にはブログにもう二度と来てくれない事にもなりかねません。

 

ですから、一番は安定度で選ぶようにしましょう。

 

 

エックスサーバー

エックスサーバー

ロリポップ!

ロリポップ!

ヘテムル

ヘテムル

 

 

エックスサーバをお勧めします。

私がおすすめするのはエックスサーバです。

世の中には、いろんなサーバがあるのですが、上述したように一番重要なのは、安定だと思います。

安定を一番優先したほうがよいです。

 

容量もあるにはこした事はないのですが、今回はエックスサーバについて様々なメリットを紹介させて頂きます。

 

表示速度が圧倒的に速い

ブログの表示速度が速い事は閲覧するユーザにとってもストレスがなくなりますので、重要な要素です。

ですが、理由はそれだけではありません。

何のためにブログをやるのかを考えてみてください。

 

それは、多くの人にブログを見てもらうためです。

ブログやサイトははgoogleで検索されて上位表示されたサイト程、アクセス数が増えるのです。

つまりは、googleから高評価を得られたブログが上位表示され、結果的には多くのユーザに閲覧されるのです。

という、大前提があります。

 

そして、googleはサイトの表示速度もサイト評価の一つの要素となっているのです。

このことから、表示速度が速いサーバを利用する事はSEO対策としても間違いではない事がわかります。

 

データの容量が多い

低額なプランでも200GBほどの容量があります。

これは十分すぎる容量です。

 

ブログを運用していくなかで、後述するWordpressを利用する事で、本当に様々な機能をブログに施す事が可能です

その際にある程度容量が多いほうが、後々困ることはないでしょう。

 

圧倒的な安定性

安定性を確かめるのは重要ですし、他のブロガーさんの意見を聞くのも重要です。

実際に一日最大3万PVほどアクセスを稼ぐブログを運営している方も、エックスサーバを利用していますが、びくともしなかったと言っていました。

その他、有名ブロガーさんもエックスサイバーの安定性はお墨付きですので、非常におすすめするポイントでもあります。

エックスサーバー

 

 

WordPressをやる理由を理解し、サーバへ設定する

WordPressとはサイトやブログを簡単に作成管理できる海外製のツールです。

しかしあまりの人気で、今では日本語化もされており、様々なレンタルサーバに簡単インストール対応している事が増えてきました。

なので、Wordpressを利用すれば様々な問題点を一気に解決できます

 

それでは、Wordpressについて少しだけ読み進めて見てください。

 

 

WordPressを利用しなければならない理由

まずはWordpressは無料で利用できます。

そのうえ広告も入りませんので、非常にオリジナルの高いブログを運用する事が可能です。

さらに投稿記事などのコンテンツの更新がかなり簡単におこなうことが可能です。

 

また、デザインテンプレートも本当に沢山流通されいますので、豊富なテーマから好きな物を選ぶ事が可能です。

そして、通常のブログでは実装が不可能な少し特殊な機能もWordpressを利用すれば簡単に導入が可能になります。

我々がスマートフォンを購入後、自分のすきなアプリをインストールして利用するような感覚で、Wordpressというブログへ様々なプラグインをインストールして、利用する事が可能なのです。

 

それにWordpressは無料のブログサービスを利用するわけではなく、有料のレンタルサーバを利用しますので、SEO対策的にも有効です。

もしブログでアクセスアップを狙っている方がいたとしたら、無料のブログサービスでブログを始める事は辞めましょう。

SEOとしての効果がお話になりませんので、これだけは忘れないでください。

 

 

WordPressをサーバに設定する方法

それではここまで紹介したエックスサーバへWordpressを設定する事に触れてみたいと思います。

ここではとても分かりやすく解説しているヘルプページがありましたので、参考にしてみて下さい。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_word.php

ここに掲載されている通りに操作する事で、実に簡単に最速でWordpressをインストールする事が可能です。

ゆっくりと実際に操作を進めて見て下さいませ。

 

 

まとめ SEO対策に強いブログを運用する事が常識中の常識

今回の記事では、ブログを立ち上げる為に必要な技術的な情報を掲載させて頂きました。

ブログを立ち上げても、そのブログをどのように運営していくかについては、また別のノウハウが必要です。

例えば、自分が何のためにブログを始めて、どんな情報を公開する事で、だれがどんなメリットを得るのかをしっかりと打ち出す必要があります。

こうした大義名分がしっかりしたブログは多くのファンがつくものです。

 

そして、googleからも価値がのある記事として評価され、結果的にアクセスアップにも繋がります。

多くのブロガーがWordpressを利用する理由が初心者の方でも、何となくはご理解いただけたと思います。

有名ブロガーや有名アフィリエイターの方々もみんな口をそろえて言いますが、「初心者程、とりあえず行動してみる」事が重要です。

眼前の物事がしっかり理解出来なくてもやり始めてみる事が大切です。

そしたらどんな人でも壁にぶち当たります。

そしたらその壁について徹底的に調べるのです。

そして突破したら次の壁が来ます。

このように進める事で、最短でマネタイズまで近づけます。

 

何も行動する前に、完璧に勉強してからやりたいタイプの人はほとんどが失敗します。

ブログをやる上で、最も大切な考え方については、また別の機会に記事にしたいと思います。

ここまでお読み頂き、誠に有難う御座いました。

-ブログ, 副業全般
-, , ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.