スキルアップ 派遣の実態

【転職希望者必見】正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートのメリット、デメリット

更新日:

「アルバイトに拘る友だちがいるのだけど、理由を知りたい」

「主婦とかでも正社員の人もいれば、パートの人もいるのは何故?」

 

私たち人間社会での働き方はにもそれぞれの特性があります。

この特性は、私たちの生活スタイルを密接に関連していますので、働き方の選定はとても重要なものです。

 

Aさんのライフスタイルでは、正社員が適しているが、Bさんのライフスタイルならばパートが適している。

このように、働く人々のライフスタイルにとても深く係るのが働き方です。

今回はこの働き方について、記事にしたいと思います。

・初めて社会に出る新社会人での目線

・結婚して生活が一気に変わった人での目線

・一つの職業に生涯を捧げたい人での目線

様々な目線で、働き方を選んでいかなければなりません。

 

例えば、結婚して子供が生まれて育児が必要な時期に、結婚前と同じ物量の仕事をこなす事は不可能ですね。

子育ても非常に大変な事柄ですので、世の中には産休という制度があるわけです。

また、産休制度がない会社については、寿退社という選択肢もあり、社会復帰する時には大抵はパートを選択する人が多い傾向にあります。

 

このような働き方について今回は記事にしていきますので、どうぞゆっくりと読み進めて見てくださいませ。

 






 

正社員には徹底した責任感が求められる

正社員は、企業で働く最も責任感が強い属性の働き方です。

大手企業の場合は、50名に1名が課長職より上に出世する事が出来る非常に競争率の高い組織です。

 

その競争に負けた正社員は、出世の道を諦めてアルバイト以下の責任感で働く人も一定数存在します。

正社員になるには、厳しい就職試験があります。

 

一般的には書類選考から筆記試験、面談となります。

大手の企業ほど競争率が高いので就職するのが困難になりますが、安定した就労環境が手に入ります。

 

 

正社員のメリット

正社員のメリットは、安定収入です。

そして、簡単には解雇されない法的保護力です。

正社員に一度なってしまったら簡単には会社はクビにすることは出来ません。

 

無理やり退職させる行為も当然出来ませんから、本人が害虫のように会社に寄生するケースも非常に多く見受けられます。

また、真剣に出世を目指してそれが達成できれば、高額な給与を取得する事も可能です。

頑張り次第で、非常にメリットのあるポジションです。

 

 

正社員のデメリット

正社員のデメリットは副業が出来ない事です。

安倍政権で推奨される働き方改革の時代に突入し、どんどん残業が出来ない状態になってきています。

こうした状況では給与はどんどん下がる一方です。

 

給与が下がるのは、非常にデメリットですので副業で収入面を補いたい所ですが、正社員は副業NGの会社が一般的です。

また当然ですが、業務における責任が高いポジションにつくことになります。

 

その分仕事もしっかりこなさなければ、取り返しがつかない失敗をした時には責任を取るのも正社員の役割です。

メリットも大きい分、デメリットもかなり大きいの正社員です。

 

 

契約社員は正社員雇用の前段階が多い

契約社員とは派遣会社などを通さないで、企業と直接契約した契約社員の事です。

契約内容では、業務委託契約で働いている場合もあります。

 

ここでは、派遣社員以外の契約社員としてご説明致します。

一般的には、何かのプロジェクトの間だけの契約で社員として働いている場合もあります。

 

ほとんどは、協力企業から出向にきて働いているケースが多いです。

下請け企業などが親会社へ出向に行くのはほとんどが契約社員として働いている事になります。

 

 

契約社員のメリット

契約社員のメリットは、なんといっても正社員よりは責任が重くない事です。

例えば、プロジェクトの一員となって仕事をするのですが、正社員よりも責任が低いポジションにつく事がほとんどです。

 

業務のクオリティはそれなりには求められますが、重要な決済権などが必要な仕事はする事がないので非常に気楽に仕事が出来ます。

 

 

契約社員のデメリット

契約社員のデメリットは、ちゃんと働かないと簡単に契約満了を通告される事です。

つまり、翌月からこなくて良いと言われる事です。

 

でも自分の会社にも戻るだけですから、収入面では別に痛くはないですね。

 

しかし、協力企業で低評価をもらった社員は、もう契約社員として出向させられませんので、今後の働き方に少なからず影響はあることでしょう。

責任が少ないからといって、真面目に働かないと痛い目にあるのがデメリットと言えますね。

 

 

派遣社員は悠々自適な高額所得者だった

派遣社員とは、派遣会社に所属した正社員、あるいは登録スタッフです。

派遣先企業で、派遣社員として働く事になりますが、雇用主は派遣会社です。

 

この派遣には複数の属性があります。

・誰でも出来る日雇い派遣

・専門職を要する技術派遣

このように分類されます。

今回の派遣社員については「技術派遣」の内容について記載して行きたいと思います。

 

 

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットは非常に沢山あります。

・責任が軽い仕事を出来る

・マージン率が低い会社に所属すれば、かなり給与が高くなる

・副業がOKな会社が多め

・複数の大企業で働けるので職務経歴が豊富になり転職に有利

・大企業の正社員として働く事が可能

このように沢山のメリットがあります。

「こんなにメリットが沢山あるならみんな技術派遣をすればいいじゃないか」と思うと思います。

 

はい、その通りです。

私は、技術派遣を超える好待遇な働き方はないと思っています。

※私は副業で、年商1000万円以上達成しているからというのもあります。

 

責任が軽い仕事をするから残業も少ない、時給は技術派遣だから非常に高い。

副業もOKだから本気で副業に取り組める。

 

さらに所得が増える。

このように技術派遣とは非常にメリットが多い働き方です。

 

 

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリットを言います。

・社会的に立場が低く見られがち。

これしかありません。

例えば結婚。

結婚するときに、女性側の両親が「派遣の男なんかとはうちの娘は結婚させられない」という親も多いでしょう。

マイホームを買うときも、ローン審査が派遣だから通らないのではないか。

 

などなど、社会的に立場が低いイメージが派遣社員です。

ですが、これは大きな間違いです。

事実派遣でも正社員より多くお金を稼ぐ事も出来ます。

 

それに、ローンも収入所得証明で金額が変わります。

私は開業届も提出していますので、1億円まで不動産のローンが組めます。

派遣なのにですよ?

そんな風に世の中、世の中を知らない人ばかりで成り立っていますので、あなたは確かな情報を掴みながら生活していくようにしてくださいね。

 

 

アルバイトは夢を目指すには最高の働き方

アルバイトは、一番責任感の低い働き方です。

アルバイトは雇用の立場的にも、企業がそこまで守る必要もありません。

教育の義務も、雇用の義務もありませんから、簡単に解雇も出来る立場です。

 

簡単に解雇できる立場の人に、重大な責任が伴うポジションの仕事を任せる訳にはいきませんね。

そのために、アルバイトは責任が軽い仕事ばかりという状況が成り立ちます。

 

 

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットは、簡単に採用されて簡単に辞める事が出来る事です。

これは、時として非常に便利な働き方に変わります。

 

Aさんは音楽を目指すという夢があり、一週間に2日しか働く事ができない。

それ以外の時間はすべて音楽にあてたい。

 

このような時にはやはり、アルバイトが一番適しています。

メリットとしては、自由に働く事が出来る所となります。

 

 

アルバイトのデメリット

アルバイトのデメリットも沢山ありますのでご紹介致します。

・正社員に犬のように扱われる

・収入が低い

・直ぐにクビにされてもおかしくない

・社会保険などの保証がない

・結婚する時、お互いの両親に反対されるでしょう

アルバイトは、メリットに比べて非常にデメリットが多い働き方に見えます。

これは、間違いないですね。

 

わたし個人的には、収入面が一番不安ですね。

収入が高ければある程度は全部我慢が出来ますが、収入が低ければ働き方を変えます。

でも、夢を目指すというライフスタイルをしている方には必要不可欠な働き方でもありますので一概には言えませんね。

 

 

パートは主婦を支える大切な制度

パートとはアルバイトよりももっと働く時間が少ない非常勤務型の働き方です。

 

例えば、旦那さんの扶養に入っているから年間に108万円以下しか受給出来ないという人は、パートを選ぶとよいでしょう。

一日に数時間、週に数日程度出勤するだけで月に6~7万円程度稼げるのがパートのお仕事です。

 

 

パートのメリット

パートで働く方のメリットは、ほとんどの方が節税です。

配偶者の扶養に入っている場合は、一定の所得を超えてしまったら扶養から外れなければならなくなったりします。

 

扶養に外れたくないけど、ぎりぎりまでは稼ぎたいという考えの方がパートを選択する事になります。

もし、配偶者の扶養から出てもいいから、もっと稼ぎたいと希望するならパートは適しません。

その場合は、正社員か派遣社員をお勧めします。

 

 

パートのデメリット

パートのデメリットはやはり職場での立場の弱さではないでしょうか。

確かに会社組織図としても、パートは下の方にいますからね。

 

一定の金銭を得る為だけに働いているというメンタルで働く事が一番よいのですが、現実はそう上手くいかないケースも多いです。

パートが多い職場には、年配の方がも多くいます。

年配の方々のいじめの標的にされたらもう職場を変えるしか解決策はないほど、質の悪いものです。

 

こうした、職場での立場の低さが最大のデメリットだと言えます。

 

 

まとめ 各ポジションを理解して転職しよう

これから転職を考えている方。

新社会人の方。

アルバイトを卒業したいと思っている方。

色々いるとは思いますが、今回のは記事は一通り参考になる情報を掲載させて頂きました。

 

どなた様も参考にしてみてくださいませ。

ここまでお読み頂き、誠に有難う御座いました。

-スキルアップ, 派遣の実態
-, ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.