マインド 副業全般

【確定申告をやらない人】は、そもそも副業はやってはいけない?

更新日:

「副業をやり始めていくらか儲かってるけど確定申告もやらないといけないのかな」

「確定申告はやり方がわからないから誰かに注意されたときにやればいいやと思っている。」

 

このような疑問に答えます。

・確定申告は国民の義務である

・確定申告が原因で会社に副業がバレる

・確定申告をしなくても良い売上金額を知る

という事が、理解できる記事の内容となっています。

 

今回は副業と確定申告の密接な関係について記事を取り上げてみたいと思います。

副業をやっている方は是非今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

既に確定申告を毎年やっている方は問題ありませんがそうでは無い方は必見の内容となっています。

 






 

副業で確定申告を必要な理由

副業をやっている方は、何といっても確定申告という大きな壁が前に立ちはだかることになります。

 

私が運営しているキャプテン翔太の公式オンラインサロンでは、稼げる副業の情報を皆様に公開しています。

副業のやり方は簡単に誰でも覚えられますので、お金を得ることができます。

 

しかし儲けたお金は、しっかりと確定申告をしなければなりません。

確定申告をしなければいけない理由はたった1つしかありません。

 

それは確定申告をしなければ脱税になってしまうからです。

 

 

確定申告ではどんな出費が経費に出来るの?

それでは確定申告はどのようなものなのでしょうか。

 

確定申告とはその1年間においてどの程度売り上げがあって、どの程度納税をしなければならないかを自分で申告する行為のことをいいます。

ご自身の事業活動において必要である出費については経費として処理することが可能となります。

 

経費として処理をすることで、税金対象の金額から除外されます。

このように出費を経費として落とすことができれば、支払う税金の金額を下げることができます。

 

これは上手に事業を運営することによって脱税ではなくて、節税につながります。

あくまでも、ご自身の事業活動において必要な出費が経費として処理できるということを覚えておきましょう。

 

 

副業で確定申告したら住民税で会社にバレる?

確定申告をすると、住民税を支払うことになります。

 

この時に本業で働いている会社に、住民税の金額が給与所得よりも多いということで、副業をしていることがばれてしまうケースがあります。

本業として働いている会社が、副業をオーケーとしていれば問題はありません。

しかし副業を禁止している会社の場合は注意が必要だということを覚えておきましょう。

 

 

確定申告の納税金額は副業の利益額による

どの程度の金額を納税しなければならないのかということを質問されることがよくあります。

それは国が定めた納税金額なのですが、簡単にイメージすると売り上げから経費を差し引いて利益が出ます。

その利益に対して税金がかかってきます。

 

ですので利益が少ないというふうに計算すれば納税金額も少なく済むようになります。

税金が引かれる前のお金を手にすることができるのが、副業で獲得した収入となります。

ご自身の事業活動で必要な出費は経費として処理できますから、胸を張って確定申告をすることをお勧めいたします。

 

 

副業をいつから始めたかで確定申告をする年度が決まる

副業を始めたタイミングによって、確定申告をする年度が決まります。

例えば今年副業を始めたとします。

 

そして年間に200,000円以上の売り上げが発生したとします。

その場合は来年度に確定申告を行わければなりません。

ここで覚えてもらいたいのは、今年発生した利益は年が明けた来年に申告をするということです。

 

年が明けて数ヶ月間はどのくらい儲けたかを計算する時期がありますのでその時期にゆっくり会計処理をすることをお勧めいたします。

 

 

確定申告のやり方を簡単に説明します。

確定申告というのは、まったくの経験がない方にとっては非常にハードルが高い行為となるでしょう。

確定申告のやり方は、税理士の先生にお願いする方法が1番簡単になります。

 

自分が生活していく中で発生した領収書などを全て税理士の先生に提出するだけで提出行為まで全てを代行してくれます。

しかし税理士の先生と顧問契約を結び確定申告を提出してもらう代行費用まで支払うとなると年間に500,000円から600,000円程度まで発生してしまいます。

 

こんなに高額なお金を支払うほど利益が出ていない方は、ご自身で確定申告をすることをお勧めいたします。

私の場合は、インターネット上にあるクラウド会計サービスであるfreeeというウェブサービスを利用しています。

 

このウェブサービスは月額2000円程度で、直感的な会計処理が可能になる最も利用者数が多いお手軽な会計ウェブソフトです。

確定申告に対しても、はいかいいえに答えるだけで勝手に提出書類一式が出来上がるほどとても便利なウェブサービスです。

 

 

確定申告をしないと、最終的にどうなるかを言います。

もしあなたが確定申告をしなかったとしても、税務署が自宅に入るようなことがない限り、何も罰則などを受ける事はありません。

つまりバレなければ何も発生しないということです。

 

しかし今の時代ではマイナンバー制度も導入されておりますので、国は銀行へ口座の情報を開示しなさいという命令を下すことができます。

例えばあなたが持っている銀行口座の情報を自由自在に国は見ることができるのです。

 

普段会社から支払われているお給料以外にも振り込みが発生していたりするとこれは副業をやっているのではないかと疑われてしまうわけです。

そうしたことを行っている方を中心に税務署は税務調査に入ります。

 

税務所職員がいきなりあなたの自宅に訪れて、税務調査に行きましたと家宅捜査のようなことをされます。

これを断ると処罰されますので、現実的に断る事は不可能です。

そうならないためにも、確定申告は毎年きちんとしっかりやっておくことをお勧めいたします。

 

 

確定申告での税金の支払い方を解説します。

私はインターネットのクラウド会計サービスfreeeを利用して青色申告決算書をいつも提出しています。

 

税金の支払い方に関しては複数あります。

私は神奈川県に住んでおりますので、神奈川税務署に確定申告の時期は必ず行きます。

 

自分で用意した確定申告申請書に記載してある納税金額をあらかじめ現金で用意して確定申告をします。

その時についでに納税もして帰る。

 

これが私の税金の支払い方です。

このほかにも銀行振り込みで支払う方法もあります。

 

その場合は指定の銀行口座を神奈川税務署職員に教えてもらいそこに後日振り込むという形になります。

支払額に関してはそこまで難しいことではありませんので、確定申告のついでに税務署職員に色々聞いてみると良いと思います。

 

 

副業の売上が20万円以下ならば確定申告はしなくてOK

ここまで色々お話ししてきました確定申告ですが、そもそも年間に200,000円以上の売上がない方に関しては、確定申告をする必要はありません。

面白いことに例えばパチンコで200,000円以上1ヵ月間で稼いだとします。

厳密に言うとそのケースでも確定申告をしなければなりません。

 

たとえ翌月100,000円負けて最終的に利益は100,000円しか残らなかったとしても、一度は200,000円以上の売り上げが発生したということなので確定申告を行う必要があるのです。

 

このように確定申告というのはやり始めてしまえば簡単なのですが、やり始めてしまうまでがとてもハードルが高い行為です。

私は副業を提供している立場でありますので、確定申告もしっかりやってくださいと皆さんに伝えてあります。

確定申告のやり方については、インターネットが進んでいくにあたりどんどん簡単になっていくことでしょう。

 

ビジネスを本気で取り掛かっている方は必ず確定申告は自分でできるようにしておきたいものです。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

【初心者必見】副業をこれから始める人が必ずぶち当たる壁を先に知ろう

-マインド, 副業全般
-,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.