副業全般

【副業が禁止されている企業】が考えている事は時代に全く合っていない

更新日:

「働き方改革で残業ができなくなりました。お給料が下がったのですが副業を会社が許してくれません、正直困っています。」

このような疑問に答えます。

・大企業は時代をつかめていない

・資産運用は副業になるのでしょうか

・会社の規則をしっかり確認して副業をしよう

という事が、理解できる記事の内容となっています。






 

大企業は副業禁止が多いがその理由はなんでしょうか

大企業の副業に対する考え方は非常に古風です。

なぜ副業してはいけないのでしょうか。

 

その疑問を東証1部上場企業の自動車メーカーで働く開発部門の課長さんに質問を投げかけてみました。

そうすると返ってきた回答は以下のようなことでした。

『会社のことを24時間しっかりと考えてもらう正社員を育てるため』

だそうです。

 

正直かなり幼稚な発想だと私は思いました。

正社員というのは会社の第一の財産です。

このとても大切な財産が100%の能力を発揮して働くためには健康的な精神状態が必要です。

健康的な精神状態を維持するための1つの要因がお給料です。

 

働き方改革のおかげでお給料が激減してしまった正社員の精神状態は健康なのでしょうか

 

いえいえ健康ではありませんね。

そうしたお給料が欲しいと言っている正社員に対して副業を禁止しているのが大企業です。

その考え方は非常に古風であり、まさに人権を無視していると私は思っています。

 

せっかく大企業に就職してお給料たくさんもらえると思っていたのに残業が全くできないとなると、その辺の中小企業と変わらないお給料となってしまいます。

 

 

副業禁止の会社で副業をしても違法ではない

副業が禁止されている会社に在籍していながら副業を実施してしまったら違法になってしまうのでしょうか

実際は違法にはなりません。

複数の仕事をするのは国民の自由です。

 

メインで働く会社の就業規則がそれぞれ違うだけです。

働く会社の就業規則で副業が禁止とされていればその会社にとって副業を実施している人は規則違反になってしまいます。

規則違反をした社員に対して会社は処罰をすることができます。

 

その処罰の結果解雇されてしまうことも考えられますが、基本的には解雇されるようなことにはならないと思っています。

大企業であればあるほど正社員を解雇するのはとても難しいことになります。

 

そのために大企業で働いてる方は副業が禁止されているからといってやらない方が大勢いますが、私はやっても構わないと思っています。

ばれてしまっても絶対に解雇にはされないと言っても良い位の自信がありますので副業をすることをお勧めいたします。

 

 

会社規定として定められていれば副業禁止

法律に違反してるわけではないということがわかりましたが、本業の会社を大切にするのであればやはり黙って副業をすることはお勧めいたしません。

副業がオーケーな会社だったら問題ないのですが、副業が禁止されている会社で行ってしまうと人事異動などのペナルティーを食う可能性があるからです。

もし本業で出世街道を歩んでいる方がいたら副業なんかやらないで本業に邁進していったほうが良いでしょう。

 

しかし本業を行っていく中で出世街道から外れておりモチベーションが下がった状態で働いている方がいるとすれば、そのような方は副業をすることをお勧めいたします。

基本的には会社規定の中で副業をやっていくのをお勧めいたします。

 

 

株や投資は副業と会社に思われるのか

副業とはちょっと違うのですがお金を稼ぐ1つの考え方として資産運用というのがあります。

株やFXなどの取引は資産運用と言われています。

 

そのため正社員は自社株を持つように勧められたりもします。

しかし株やFXなどの証券取引に関しては、ある種ギャンブル性を含んでいる側面もあります。

そのためリスクの高い取引をすることでリターンも高い取引ができるということにもなっています。

ハイリスクハイリターンである以上はギャンブルと同じです。

 

ところが株やFXなどの証券取引をやってはいけないという大手の企業は非常に少ないです。

より安全にお金を稼ぐことができる副業は禁止されているのに、証券取引はやっても構わないという会社がほとんどなのです。

 

少し意味のわからない状況にはなっていますが、私としては資産運用をやることは大いに構わないのですが、まずはしっかりと稼げる副業を身に付けていくことをお勧めいたします。

 

 

副業禁止だから会社にばれない方法が知りたい

副業が禁止な会社の人でそれでも副業が諦められない人がいると思います。

会社にバレないように副業する方法はあります。

それは収益を銀行振り込みではなく現金で手渡しでもらうことです。

 

そうすることで所得を隠すことができますので住民税で会社に副業していることがバレないようになります。

しかしこれは同時に確定申告をしないということになるので、脱税をしてしまうことにもなります。

 

いろんな副業を提供してる私の立場からすれば確定申告をしなくて良いとは言えませんので、脱税をしないようにしましょう。

 

 

アルバイトでも会社にばれないように副業をやりたい

アルバイトを副業としてやっておりバイト代を現金手渡しでくれる会社があったとします。

その場合確定申告をしなくて良い条件が1つだけあります。

それは年間に合計200,000円以上もらわないことです。

 

年間に200,000円以上の売り上げがある場合は、確定申告をしなければいけないという法律があります。

しかし200,000円以下であれば確定申告はしなくても良いのです。

 

そのため月で計算すると18,000円程度しか稼ぐことができないということになりますね。

そのくらいのお小遣いを稼いでいるのであれば確定申告をする必要はありません。

もっと稼いでる方は確実に確定申告をしなければ脱税になってしまいます。

 

 

会社に就業規則をきちんと確認して副業は実施すべき

今回の記事をまとめてみますと、副業が禁止されているか禁止されていないかをご自身が働く会社にしっかりと確認する必要があります。

 

もしも働いている会社で副業をすることが許されているのであればしっかりと確定申告をしながら副業を行いたくさん稼いでいただいた方が効率が良いです。

しかし働いている会社で副業が禁止されている場合だけは、注意をしなければいけないということです。

副業していることがもし会社にばれたとしても解雇されるような事はきっと無いとは思いますが私の立場からしてお勧めはできません。

 

私がお勧めするのは、副業が許されている会社に転職をして年収を1,000,000円程度アップさせた後に、副業にもチャレンジしていただいて生涯年収を上げていくことをお勧めいたします。

キャプテン翔太の公式オンラインサロンでは私が開発した様々な副業を半永久的に提供しています。

サロン生の中には月額200,000円以上を稼ぐ方も存在しています。

 

ビジネスに対して貪欲な方の参加をお待ちしております。

ここまでお読み頂き、誠に有難う御座いました。

【初心者必見】副業をこれから始める人が必ずぶち当たる壁を先に知ろう

-副業全般
-,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.