派遣の実態 派遣マインド

【働き方改革ってどんな業界】にどんな影響を与えているの?

更新日:

「働き方改革で日本の働き方が改善されたとよく言われているけど実感がありません。むしろ私の生活では給料が下がったので本当に困っています。本当にこの改革は国民にとって正解なのでしょうか?」

 

こうした疑問にお答えします。

・働き方改革法案について知る

・日本の企業が働き方改革をどのように受け入れているどうする

・給料が激減してしまった会社員に必要なのは副業と言える

上記の内容が理解できるように記事を書いています。

 

働き方改革法案については、様々な物議を醸し出しています。

我々国民の中には、年収が多い方もいれば少ない方もいます。

多くの国民が満足するような形は一体何なのでしょうか。

 

今回は働き方改革に関してこの辺に注目しながら記事にしていきたいと思います。






 

働き方改革関連法ってそもそもどんなもの?

働き方改革関連法(はたらきかたかいかくかんれんほう)、正式名称「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」[1](はたらきかたかいかくをすいしんするためのかんけいほうりつのせいびにかんするほう)または働き方改革一括法(はたらきかたかいかくいっかつほう)は、日本法における8本の労働法の改正を行うための法律の通称である。

労働基準法

労働安全衛生法

労働時間等の設定の改善に関する特別措置法

じん肺法

雇用対策法

労働契約法

短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

我々労働者が係る法律というのはこんなにあるのです。

 

この法律における働き方について働き方改革では様々な改正が行われています。

これによって、これまで鬼のように働いていた日本人の働き方が変わってきます。

良き方向へ変わるのか、悪い方向へ変わるのかは、じっくり様子を見定める必要があります。

 

 

働き方改革に準拠しなかった時の罰則は?

長時間労働の是正など労働時間関連

上記で説明した関連法には、それぞれの罰則が用意されています。

30万円から50万円以下の罰則が用意されています。

これによって、様々な企業が働き方に関して様々なルールへ変更してきています。

働き方改革関連法で何が変わるの?長時間労働の是正について分かりやすく解説

 

上記のブログ記事にもあるように、働き方改革で変わる内容は以下です。

1.時間外労働の上限規制

2.中小企業の時間外労働と割増賃金

3.年次有給休暇

4.確実な労働時間の状況把握

これらについてこれからは厳しく管理する事を迫られる事になるのです。

多くの企業ではこれらが曖昧なまま就業させていたので、これらを徹底した管理で行わない企業については、罰則があるということですね。

 

 

中小企業は働き方改革をどのように受け入れているのか。

中小企業も、大企業も同じように、働き方改革は実行しなければなりません。

中小企業の定義をここでおさらいしておきましょう。

中小企業とは?

資本金と出資と労働者数で、中小企業の定義がなされます。

これらの基準に該当した企業は、中小企業です。

 

働き方改革では、残業もまともに出来ませんから、副業当たり前の時代が到来します。

その時に、一つの職場での収入だけをあてにしない訳ですから、働く従業員も、直ぐに転職が出来る環境になります。

そうすると、企業側も「働かせてやっている」という考えよりも「働いてもらっている」という間隔で従業員に接する必要があるでしょう。

 

 

有給休暇をきちんと取得するだけでは働き方改革は満足しない

働き方改革はとても用意周到です。

働く従業員へ有給休暇をこれまで以上確実に取得させなければならないとなっているのが働き方改革ですが、それだけではありません。

従業員の就業時間の徹底した管理も求められます。

 

本当に残業をしているのか、それとも不正に申告していないのか。

その辺もきちんと起業側は管理しなさいという事も求められます。

これまで、不正で働いていた従業員の方にとっては、やりづらくなるのがこの改革でもあります。

 

 

一般企業だけではなく公務員にも要求される働き方改革

これまでも、異常に残業が多かった公務員もおります。

 

しかも、ちゃんと残業を申告できなった方々も大勢いるでしょう。

そうしたブラック企業のような公務員の働く環境も全部見直されます。

そうなると、これからはもっと残業が減り、副業も解禁される流れになるでしょう。

 

つまり、公務員とはいえ働き方に関してはぐっと、一般企業寄りの働き方になるという事です。

これまでは、会社に黙って副業していた方も副業が解禁されれば、自由に働く事が出来るのでその辺は嬉しい変化と言えますね。

 

 

残業時間が激減して給与が下がりまくりなのは働き方改革のせい

一般企業のサラリーマンが口を揃えていうのは「残業が出来ないから、お給料が減ってしまった」という意見です。

 

おっしゃるとおり、会社側は働き方改革に沿って、残業を減らします。

会社の利益や売上は変化していないのに、残業だけを単純に減らします。

そうすると、これまで得ていた額のお給料を従業員はもらえません。

 

当然のように思えますか?

私は思いません。

働き方改革は、企業に課せられた国からの施策です。

 

にもかかわらず一番痛い目を見ているのは会社ではなく、従業員です。

本来は会社と従業員の両方が痛み分けの状態がフェアです。

残業を減らすけど、基本給を少しUPします。

 

というのが筋だと思いますが、そんな企業はおりません。

つまり従業員の人生や生活をちゃんと考えていない証拠です。

それに副業がNGな会社だったらもっと過酷です。

 

転職者が急増して、情報難民の方が取り残される時代が来るのはもうそこまで来ています。

 

 

残業が出来ないのに、副業がNGな会社がまだまだ多い

一部の会社では、副業は解禁されています。

 

その会社で働く方は勿論問題ないので、様々な副業にチャレンジ出来ます。

人によっては副業が成功して本業にする人も現れると思います。

本来社会というのはそうあるべきです。

 

一つの企業に依存して、軍隊のように倒産する時は共倒れするのは良くありません。

私たちが理想とする働き方は、複数の収入源を得て多くの金銭を納税する事です。

納税する事で、我々の生活はより豊かになります。

 

その基本的なシムシティのような考え方を捨ててはなりませんね。

 

 

まとめ

我々の働く世代の人間に大きな影響を与える働き方改革は始まっています。

どんなに不満を言っても、活動をしても変わりません。

 

大きな組織や団体を自分一人でどうにも変えられないように、この改革に抗うのは無駄という事です。

不満を言う事はもうやめて、逆に利用してあげましょう。

副業が解禁になるのなら、副業にチャレンジしていきましょう。

 

このブログでは、副業を目指す方々を応援しています。

キャプテン翔太の公式オンラインサロンでは、特典情報も満載です。

興味がある方は是非、参加してみてください。

本日のお勧め動画

【働き方改革を知って】しまえば、副業が必要な理由がサルでもわかる総まとめ。

-派遣の実態, 派遣マインド
-,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.