転売ノウハウ

【チケット不正転売禁止法】チケットだけは転売してはいけない

投稿日:

「アーティストのライブチケットを購入したんですが、予定が発生してしまってフリマアプリで販売して誰かに購入してもらおうと思っていますがそれは違法になるのですか」

こうした疑問にお答えします。

・チケットに関する転売は違法です

・転売に関する法律的な考え方を学ぶ

・フリマアプリなどで販売するチケットは注意

今回の記事では上記の点が理解できるように意識して掲載させて頂きます。

 

転売というのは世の中の基本的な物流の基本です。

ですので転売という事柄自体はそこまで悪いイメージを抱かなくても問題ありません。

しかし取り扱う商品や物量に注意をしなければ法律に触れてしまう場合もあるということが今回の記事のポイントでもあります。

 

昨今の法律ではチケットに関する転売は違法だと制定されてしまいました。

今回はそのことについて詳しく掲載をさせていただきたいと思います。






 

転売禁止法ってそもそもなんなの?

チケット不正転売禁止法

チケット不正転売禁止法ポスター

上記のサイトに掲載されているようにチケットを転売する事は違法になります。

 

しかしフリマアプリなので自分が行けなくなったチケットを出品して誰かに購入してもらうというのは違法ではありません。

チケットを転売しているのに違法になるケースと違法にならないケースがあるということを覚えておきましょう。

このチケット不正転売禁止法というのは、特定の悪徳業者の方々へ向けられた法律だということを理解しておきましょう。

 

インターネットの世界では、チケットが販売された瞬間にチケット販売サイトのサーバーをダウンさせて大量にチケットを予約しそれが完了したらサーバーを復旧させるという質の悪いクラッカーも存在しています。

こうした他の会社が管理するサーバー等をダウンさせる行為自体は違法で絶対にやってはいけません。

 

しかしこれまでは大量に仕入れたチケットを色々なサイトで販売しても取り締まることができなかったのが実情だったのです。

しかしチケット不正転売禁止法ができてから取り締まることができるようになりました。

 

いつからこの法律が定められたのか?

上記のサイトに掲載されている頃からインターネットの世界では業者によるチケットの転売を違法と定めているのです。

我々個人がライブやスポーツ観戦などのチケットを手に入れたくても入れられないという状況が根本的な話です。

 

また、例えば8000円程度で販売されているチケットが、業者による買い占めが発生したことによって一般のファンたちはメルカリやヤフオクなどのサイトで購入するしかなくなってしまいます。

その時のチケットの価格は100,000円程度にまで跳ね上がっている場合もあるのです。

 

こんなに高額なチケットの価格になってしまうと、お金を持っていないファンは絶対に購入することができません。

純粋にそのスポーツや、そのライブに参加したいというファンの方々が参加できないという悪影響が発生してしまいます。

こうしたことが発生しないように取り締まることが必要だということでこの法律ができたのです。

 

定価を超える価格で、販売する事を転売とみなす

チケット販売に関しています。

チケットを仕入れて価格を上乗せして販売する行為を禁止とされています。

 

チケットではない商品に関しては問題ありません。

これはチケット不正転売禁止法によって定められています。

チケットの定価を変えてはならないというふうになっているからです。

 

つまりはチケットを本来の価格ではない価格で販売している時点でその人は違法になるということです。

見かけたら即通報して警察に突き出してあげましょう。

 

野球球場や、ライブドーム等の周囲ではダフ屋と呼ばれる業者もたくさん存在しています。

ダフ屋を見つけたら即刻警察に突き出すようにしましょう。

 

ヤフオクでも非常に目立つチケット転売

こうした法律ができているにもかかわらずその存在に気づいていないままチケットを転売する業者も存在しています。

 

ヤフオクなどでもとても多くのアカウントがチケットを転売しています。

頭の良い業者に関しては早々にチケット転売事業から足を洗っています。

小規模の個人でお小遣いを稼いでいるアカウントに関してはまだ続けている人も多いように見受けられます。

 

こうしたアカウントに関してもインターネットの警察は常に巡回をしていますのですぐに逮捕されてしまいます。

転売をこれから始めようと思っている初心者の方はチケットだけには手を出さないように気をつけましょう。

例え、ヤフオクやメルカリなどでチケット転売者を見かけたとしてもあなたは真似をしないようにしましょう。

 

大切なのは「特定興行入場券」に該当するかどうか

チケットといっても様々な概念があります。

 

チケット不正転売禁止法における取り扱いをやってはならないチケットに関しては説明します。

米特定興行入場券米

上記のサイトに掲載されているように一般的なチケットに関してどのような取り扱いになるかを調べるのが重要です。

 

ただ普通にチケットを購入して行けなくなったから譲りますという方からもらうチケットに関しては違法にはなりません。

あくまでも転売や、大量に販売して利益を儲ける目的で購入されたチケットを販売してしまったらそれは違法になるということです。

なのでファンの人は普通に行けなくなった場合はメルカリやヤフオクでそのチケットを販売しても問題ないということを覚えておきましょう。

 

金券ショップは違法ではない。商売の基本は転売で成り立つ

米金券ショップは違法では無いソース米

上記のサイトで掲載されているように金券ショップは違法ではありません。

 

不当な高等な金額でチケットを販売してるわけでは無いからです。

また一般の人は金券ショップなどを開くことができません。

 

そのため金券ショップで売られているチケットは安心して購入することができます。

入場券に関しての取り締まりですから例えばライブや野球観戦や新幹線などのチケット全てが該当します。

「金券ショップ」の画像検索結果

 

迷惑防止条例では、ダフ屋行為をした場合の罰則

様々な市町村で定められている迷惑防止条例ではダフ屋行為は罰則の対象になってしまいます。

 

これまで上記のように説明してきたようにチケット不正転売禁止法に定められているようにダフ屋は違法なことを繰り返している業者とみなされてしまうのです。

そういった法律があることを知らないでダメだからチケットを購入してしまう方もいることでしょう。

このブログでは転売についてのノウハウをたくさん散りばめています。

 

転売というのは世の中の物流の基本ですから永久に無くなる事はありません。

これから転売で副業を始めたいという方のためにたくさんの記事を書いています。

「メイドのキャッチが盛んな秋葉原の路地裏と人混み」の写真

 

まとめ

転売初心者のために絶対に手を出してはいけないチケットについて今回は掲載させていただきました。

 

まだどんな商品を取り扱って副業を始めるか悩んでいる方は今回の記事がとても参考になったのではないでしょうか。

そもそもが販売すること自体が違法になってしまう商品を除いて、取り扱い商品には一度調査をした上で転売をすることをお勧めいたします。

 

例えば販売する事は違法では無いけども資格が必要になってしまう上にもあったりします。

さらには仕入れるサイトが海外であった場合は輸入しても良いかどうかなどの注意点も必要になってきます。

そうした転売に関する様々な情報を私はキャプテン翔太の公式オンラインサロンで公開しています。

 

もしこれから転売を勉強して副業に取り組みたいという方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただき、誠に有り難うございました。

 

 

本日のおすすめ動画

-転売ノウハウ
-,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.