転売ノウハウ

【転売ってイメージが悪い】違法な感じがするのだが、ほんとに違法なの?

投稿日:

「インターネットでは転売をするというだけでイメージが悪くなってしまいますがそれはどうしてなのでしょうか本当に転売という行為は違法になるのでしょうか」

こうした疑問にお答えします。

・転売は違法にならないという事

・物流の基礎を知らない人が転売を違法という

・中には売ってはならない商品も存在する

今回の記事では上記の点が理解できるように意識して掲載させて頂きます。

 

インターネットのYahoo!知恵袋などを見ていたら、転売をしているだけで悪いイメージを抱いているユーザがたくさんいることに気が付きました。

今回はそうした転売に対して知識が全くないユーザのために記事を掲載させていただきます。

 

またこれから転売を始めて副業にしたいと考えている方のためにも参考になる記事ですのでぜひ読み進めてみてください。

転売という行為が何なのか、物流の基本的な内容を理解して考え方を改める良いきっかけになると思います。






 

転売自体は違法とはならないそもそも商売は転売が基本

転売自体は違法にはなりません。

 

ただし大量に仕入れて販売してはならないチケットはあります。

チケットに関しては、チケット不正転売禁止法という法律があります。

 

転売目的で大量にチケットを仕入れて販売するという行為はNGとなっているのです。

しかし世の中の物販の基礎は全て転売で成り立っていますので、ここで言う転売とは全く違法性がないということを覚えておきましょう。

 

どうして転売が嫌われてしまうのか?

ではどうしてインターネット上では転売という言葉が嫌われているのでしょうか。

 

その疑問についてお答えしたいと思います。

転売が嫌われてしまう最も強い原因としてはフリマアプリが挙げられます。

もしくはヤフオクなどのオークションアプリが挙げられます。

 

例えば自分がブランド物の服を着ていてそれをもう着なくなってしまったのでヤフオクに出品したとします。

その洋服を落札したアカウントが、値段を上乗せして再度出品していたとします。

その時に1番最初に出品した人の値段よりも2倍以上の価格で再度売れていた場合は、1番最初に言った人は大きく損をした気分になります。

 

つまり1番最初に出品した人がものの対価をきちんと見極めることができなかったということです。

これが悔しいから、転売をする人は悪い人だというコメントが多く寄せられたわけですね。

 

しかし転売という行為自体は違法でも何でもありませんので、ちゃんとした市場価格を調査もしないでオークションサイトに出品したユーザが損をするの当たり前の話です。

 

チケットに関してだけは、転売法があるので注意が必要

上記のようなオークションサイトで適正な値段を見極めた上で出品すると利益を生むことができるのが転売です。

 

しかしそれとは違いチケットなどの転売に関しては法律で禁止されていますので注意が必要です。

チケット不正転売禁止法という法律があります。

 

大量に転売目的でチケットを購入し、定価を大きく逸脱した価格で販売することを禁止とされています。

 

個人の方がライブを見に行くたびに購入していたチケットが元々あったけども、予定が入ってしまったので行けなくなったのでオークションサイトに出品したというのは合法です。

本来メルカリやヤフオクなどのオークションアプリやフリーマーケットアプリの目的はこういった使い方が正しいとされています。

 

新しい転売法は2019年から開始された新しい法律

チケット不正転売禁止法が2019年に作成されました。

 

演劇やコンサートやスポーツなどのチケットの不正転売、または不正転売を目的としてチケット譲り受けた場合、または大量に購入した場合は以下のような罰則が設けられています。

1年以下の懲役、100万円以下の罰金、またはその両方が課せられてしまいます。

 

つまり仕入れてはならないということです。

転売することもNGではありますが、そもそも仕入れることも違法になるということをしっかりと覚えておきましょう。

この法律は2019年に制定されましたのでまだ出来立ての新しい法律です。

 

この法律を知らないでいまだにオークションサイトやフリーマーケットアプリなどでチケットの転売をしている業者がたくさんいます。

確実に逮捕されてしまいますのでそういった転売に手を出すのは止めておきましょう。

 

非売品のグッズなどを大量に仕入れて転売してもOK

メーカーなどが販売することや、転売することを禁止されていなければ非売品の商品などを販売しても問題ありません。

どこの店に行っても売っていないような商品などを、仕入れてメルカリなどで売るという行為はよく見受けられます。

その代表的な例が買い物袋です。

 

例えば高級ブランドの買い物をしたときに高級ブランドのロゴが入った買い物袋に入れて商品を渡されると思います。

そのブランドのロゴが入った買い物袋だけをメルカリなどで出品しても落札されてしまうのです。

自分にとってゴミだと思ったものがお金に変わる良い例だといえます。

 

こうしたこともありますのであなたの身近に存在する全てのものについては一旦メルカリで検索をしてそれが売られているかを確かめることをお勧めいたします。

 

このように非売品だけども、オークションサイトやフリーマーケットアプリなどで売られている商品は実にたくさん存在しているということを忘れないでおきましょう。

例えばブランドのロゴが入った買い物袋もそうですがパンフレットやチラシや、地域でしか手に入らないような新聞などもメルカリなどで販売されていたりもします。

もしあなたがそういったものを大量に仕入れることができれば販売してお金を得ることができるというチャンスを表しています。

 

違法商品でなければ、売る側も買う側も違法にならない

そもそも日本で販売してはならない商品がたくさんあることを忘れないでおきましょう。

所持することすら許されていない銃刀法違反になるようなものも販売してはいけません。

覚せい剤や麻薬や、法律に触れるような商品も販売してはいけません。

 

コピー品や著作権違反になるような商品も販売してはいけません。

こうした違法商品に関しては販売した側も購入した側も違法になります。

 

違法商品でなければ販売しても購入しても問題はありません。

しかし販売をする側にはいくつかの注意点が必要です。

販売するために資格が必要な商品。

販売するために掲載が必要な商品。

販売するために掲載してはならない言葉がある商品。

このように購入者や消費者が正しい認識で商品を購入できる状況を整えるのが販売者の責任です。

インターネットを活用した詐欺のECサイトがたくさん存在しています。

 

販売者になるためには、まずはどんな商品を取り扱うかを決めてその商品を得るためには資格が必要なのかなど調べることを強くお勧めいたします。

 

まとめ

今回は転売自体が違法になるのかどうかということについて話題にいたしました。

 

ここに掲載させていただいた通り、転売自体は違法にはなりません。

しかし注意をしなければならないことがいくつかありますのでご紹介させていただきました。

 

最近ではインターネットを活用すれば、誰でもお手軽にウェブショップを持つことができて、転売で儲ける環境が整います。

この環境を利用して多くの方が、場合にチャレンジしています。

中には自分でDIYを行いその制作した商品を売る人もいるでしょう。

 

自分でアクセサリーを作ってそれを販売している人もいるでしょう。

 

しかし私がお勧めするのは右から左へと商品を横流しする転売をお勧めいたします。

商品を安く仕入れて高く売るという物販の基礎を忠実に行うことで儲けることができるという仕組みです。

ここまでお読みいただき、誠に有り難うございました。

本日のおすすめ動画

-転売ノウハウ
-, ,

Copyright© ビジクル.com 翔太のビジネスクルージング , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.